\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

ワーキングママの見る順番は?シーズン6までの時系列も紹介!

カナダのトロントを舞台に繰り広げられるコメディドラマ『ワーキングママ』

4人のママが仕事や育児、夫婦関係の全てをそつなくこなそうと奮闘する日々を描きます。

子供を授かった喜びだけでなく、母親ならではの苦労をそのまま描いており、多くの母親から共感を集めています。

2017年からカナダのCBC局で放送され、オーストラリア、アイルランド、スイス、オーストリアなど各国で好成績を収めた後、日本でもネット配信により視聴できるようになりました。

そこで今回は『ワーキングママ』の見る順番や時系列などを紹介していきます。

ワーキングママの各あらすじを紹介!


まずは『ワーキングママ』の各あらすじを紹介しましょう。

現在はシーズン6まで配信されており、Netflixで視聴可能です。

ワーキングママ シーズン1

母親に子守を頼む難しさから産後うつまで悩みが絶えない毎日で、産休を終え職場復帰した4人のママは、時間のやりくりや気持ちの切り替えにてんてこ舞い。

引用:Netflix

ワーキングママ シーズン2

ケイト、フランキー、アンにイアンが加わり、子育て、老化、仕事とプライベートのバランスや新しい恋に悩みながら、それぞれが子供たちと一緒に成長していく。

引用:Netflix

ワーキングママ シーズン3

新生活を始めるケイト。怒りの矛先を他に向けるアン。仕事で躍進するフランキー。いい母親になろうとするジェニー。
今シーズンも、ママたちの毎日は山あり谷あり。

引用:Netflix

ワーキングママ シーズン4

子供のためだけじゃなく、パートナーや仕事、そしてもちろん自分のために奮闘するママたちに、人生の大きな変化が容赦なく押し寄せる。

引用:Netflix

ワーキングママ シーズン5

https://twitter.com/ayame_kinusome/status/1428543416586043393

新たなトラブルに直面するケイト、フランキー、ジェニーに、新しい町に引っ越したものの、以前の生活が恋しくて仕方ないアン。
新シーズンも悩みは尽きない…。

引用:Netflix

ワーキングママ シーズン6

https://twitter.com/tkpjplajqw/status/1516272934507401217

ワークライフバランス…!? 何それ? 職場や家庭で大問題が目白押し。
ケイト、アン、ジェニー、スローン、ヴァルの日常は、相も変わらずきりきり舞い。

引用:Netflix

ワーキングママを見る際は放送順がオススメ!


『ワーキングママ』を見る際は放送順にするのがオススメです。

放送順にまとめると以下のようになります。

  1. 『ワーキングママ』シーズン1
  2. 『ワーキングママ』シーズン2
  3. 『ワーキングママ』シーズン3
  4. 『ワーキングママ』シーズン4
  5. 『ワーキングママ』シーズン5
  6. 『ワーキングママ』シーズン6

時系列は一貫して続いており、シーズン1から通して見た方がわかりやすくなります。

ワーキングママのメインキャストを紹介!


ここでは『ワーキングママ』のメインキャスト4人を紹介しましょう。

ケイト・フォスター/演:キャサリン・ライトマン


育児や夫婦関係に限らず、仕事や友情も含めて全てを完璧にこなしたいスーパーママ。

第一子を出産後に職場復帰しますが、子供の成長を近くで見守りたい気持ちと、仕事で認められたい気持ちとの板挟みで苦悩する日々を送るようになります。

信念を曲げない性格で、どんな問題にも正面から立ち向かおうとします。

生年月日:1981年4月28日
年齢:41歳
出身地:アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス
代表作:パワー・オブ・フォー 普通じゃない家族、ステイ・フレンズ、ワーキングママ

アン・カールソン/演:ダニ・カインド


ケイトの親友で、自宅を職場とする心理カウンセラー。

突然発覚した第三子の妊娠や仕事が上手くいかない夫に悩みながらも、今まで通り仕事と育児に専念します。

我が強いケイトとは似た者同士で、ぶつかり合う事も多いですが、どんな悩みにも寄り添うので実際の仲は良いです。

生年月日:1980年1月10日
年齢:42歳
出身地:カナダ・トロント
代表作:冷たい嘘、The Banana Splits Movie、ワーキングママ

フランキー・コイン/演:ジュノ・リナルディ


LGBTカップルの1人であり、娘を産んだ後は不動産営業の仕事に戻りました。

性格はサバサバしており、少し変わっているものの周囲からは頼られています。

産後うつに悩まされながらも仕事に向かう姿は、リアルでもよくあるので共感を覚えるでしょう。

生年月日:1977年5月14日
年齢:44歳
出身地:カナダ・ソルトスプリング島
代表作:ワーキングママ

ジェニー・マシューズ/演:ジェサリン・ワンリム


夢を追いかける主夫を持つOLですが、実は職場復帰したくない事を夫に言い出せずにいます。

テンションの起伏が激しく、自由だった独身時代が忘れられずにいるので、ついついハメを外したくなるそうです。

ケイト達とはママ友であり、育児相談などを通じて徐々に心を打ち明けられるようになっていきます。

生年月日:1982年9月3日
年齢:39歳
出身地:カナダ・カルガリー
代表作:フレネミーズ、イン・マイ・ドリーム、ワーキングママ

ワーキングママの見所を紹介!


続いては『ワーキングママ』の見所をいくつか紹介します。

キャストの実体験がそのまま反映されたドラマ

https://twitter.com/jati_an/status/1213372686841204736
『ワーキングママ』ではキャストの実体験が反映されている事が多く、特にケイト役のキャサリン・ライトマンによるものが多いです。

育児や産後うつといった経験は実際に体験してきたもので、ドラマでの描写にも説得力を持たせていますね。

こういったこだわりから文化的な評価も高く、2018年にカナダ・スクリーン・アワードを受賞しました。

子育てを楽しむヒントを与えてくれる


本作に登場する母親は皆、仕事や育児に追われる一方で飲みに行ったり、山で秘密のパーティーを楽しんだりとガス抜きが上手です。

これらのシーンには育児ばかり気にする必要はなく、たまには自分を優先しても悪くはないというメッセージが込められています。

他にも見習えるポイントは多く、見終わった時には子育てを楽しむ余裕が生まれているかもしれません。

まとめ


『ワーキングママ』の見る順番や時系列などを紹介してきました。

オススメの見る順番は以下の通りです。

  1. 『ワーキングママ』シーズン1
  2. 『ワーキングママ』シーズン2
  3. 『ワーキングママ』シーズン3
  4. 『ワーキングママ』シーズン4
  5. 『ワーキングママ』シーズン5
  6. 『ワーキングママ』シーズン6

この記事を参考に『ワーキングママ』をお楽しみ下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。