\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

ミッキー誕生前のウォルト(映画)のあらすじや見所を紹介!

ミッキーマウスを始め、多くのディズニーキャラの生みの親として知られるウォルト・ディズニー。

彼は若い頃からアニメーターとして活動していますが、ミッキーを生み出すまでの日々は苦難の連続でした。

映画『ミッキー誕生前のウォルト』では、アニメーターとしてのウォルトを見る事ができます。

今回は『ミッキー誕生前のウォルト』のあらすじや見所などを紹介していきます。

ミッキー誕生前のウォルト(映画)のあらすじ


まずは『ミッキー誕生前のウォルト』のあらすじについて紹介しましょう。

アメリカ・ミズーリ州で育ったウォルト・ディズニーは、幼い頃から絵を描くのが大好きでした。

衛生兵として第一次世界大戦に参加した後、兄のロイの勧めによりカンザスで広告デザインの仕事をするようになります。

ウォルトはそこでアブ・アイワークスと出会い、生活のために始めたアニメーターの仕事にも徐々にのめり込んでいきます。

やがて新たな創作活動として個人事務所「ラフ・オ・グラム」を創立しますが、より大きな波乱の日々が幕を開けました。

赤字経営が続くせいで社員は去り、苦心して作ったキャラクターの著作権も他社に取られるという不幸が立て続けに起きてしまいます。

私生活では結婚を迎えたウォルトにとって大きな痛手となりますが、それでも諦めずにアニメーション作りを続けます。

そして机の上にいた1匹のネズミがヒントとなり、世界的に有名なキャラクターの誕生へと繋がるのでした。

ミッキー誕生前のウォルト(映画)の見所


『ミッキー誕生前のウォルト』の主な内容は、ミッキーマウス誕生までを描いたウォルト・ディズニーの半生です。

ファンの大多数は成功を収めた後の華々しい姿しか知らないでしょうが、あらすじでも触れた通り、ウォルトの半生は苦難の連続でした。

ここでは『ミッキー誕生前のウォルト』の見所をいくつか紹介します。

ウォルト・ディズニーの知られざる半生が明らかに


本作では一般的な華々しいイメージとは裏腹に、苦労人としてのウォルト・ディズニーの姿が大半を占めています。

例えば独立後にラフ・オ・グラムでアニメ作りを始めた当初、スタジオはボロボロな納屋という粗末ぶりでした。

加えて赤字経営で給料も払えない有様だったので、ウォルトがいかに過酷な環境に置かれていたか想像するのは難しくないでしょう。

それでも諦めずにアニメ作りを続け、ヒットを飛ばしてきたウォルトやアニメーター達の功績には頭が下がります。

苦難の先に成功を感じさせる余韻あるラスト


ウォルトは起死回生のアイデアとしてモーティマーというネズミのキャラクターを生み出しますが、奥さんの提案でミッキーに改名したところで物語は終わります。

その後の成功はあえて描かれず、わずかに感じさせる程度にとどめているのが余韻があって美しいです。

失敗続きの人生から成功の手掛かりを掴むまでを集約させる事で、生涯挑戦し続けたウォルトの人となりを強く表しているのかもしれません。

ミッキー誕生前のウォルト(映画)のあらすじや見所まとめ


『ミッキー誕生前のウォルト』のあらすじや見所などを紹介してきました。

華々しいサクセスストーリーとは縁遠い内容ですが、ウォルト・ディズニーの実体験を知る事ができる貴重な作品です。

ミッキーマウス誕生前のディズニーについて知りたい人はご覧になって下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です