\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

ザボーイズの見る順番は?シーズン3までの時系列についても紹介!

スーパーヒーローを題材にしたドラマ『ザ・ボーイズ』

現代のアメリカを舞台に、暴利をむさぼるヒーロー集団「セブン」に能力を持たない一般人が自警団「ザ・ボーイズ」を結成し、制裁を加えるべく立ち向かう物語です。

Amazon prime video限定配信という方法でありながら、一般人がヒーローに挑む斬新な構図などから人気を集め、シーズン3まで放送されています。

そこで今回は『ザ・ボーイズ』の見る順番や時系列などを紹介していきます。

ザ・ボーイズの各あらすじを紹介!


まずは『ザ・ボーイズ』の各あらすじを紹介しましょう。

Amazon prime video以外にDVDレンタルという手段もあるので、ご自身の環境に合わせて見ましょう。

ザ・ボーイズ シーズン1

https://twitter.com/PrimeVideo_JP/status/1298575963698139136

欲と名声にとりつかれたスーパーヒーローたち。
非公式に「ザ・ボーイズ」と呼ばれるグループが腐敗したスーパーヒーローたちを倒そうとする。
特殊能力を持たない彼らは根性と信念で悪しきヒーローに立ち向かう。

引用:Amazon prime video

ザ・ボーイズ シーズン2

より激しく血みどろな展開の「ザ・ボーイズ」シーズン2。
ブッチャー、ヒューイほかチームの面々はシーズン1で失ったものに動揺している。
法の手から逃れるために彼らはスーパーヒーローたちに反撃する。ヒーローを抱えるヴォート社はスーパーヴィランの脅威にパニックになる。
また新たなヒーロー、ストームフロントは会社に揺さぶりをかけ、不安定なホームランダーを挑発する。

引用:Amazon prime video

ザ・ボーイズ シーズン3

平穏な1年が過ぎた。
ホームランダーはすっかりおとなしくなり、ブッチャーは、よりによってヒューイの指図を受けながら政府のために働いている。
しかし2人の心には、平和と静寂を血と骨に変えたいという衝動があった。
能力者を倒せるという謎の武器の情報がボーイズにもたらされ、セブンとの衝突、戦争へと動き出す。
そして彼らは、初代スーパーヒーロー、ソルジャー・ボーイの伝説を追うことになる。

引用:Amazon prime video

ザ・ボーイズを見る際は放送順がオススメ!

https://twitter.com/GUNS_EMPTY/status/1545423644645801984
『ザ・ボーイズ』を見る際は放送順にするのがオススメです。

放送順にまとめると以下のようになります。

  1. 『ザ・ボーイズ』シーズン1
  2. 『ザ・ボーイズ』シーズン2
  3. 『ザ・ボーイズ』シーズン3

時系列は一続きになっているので、シーズン1から通して見れば大丈夫です。

ザ・ボーイズのメインキャストを紹介!


ここでは『ザ・ボーイズ』のメインキャストを紹介します。

ヒューイ・キャンベル/演:ジャック・クエイド

https://twitter.com/NekoTamaniRobin/status/1391516190967681025
家電量販店で働く青年。

最愛の恋人をヒーローとの接触事故で失い、秘密を探るうちにヴォート社の陰謀に巻き込まれていきます。

ザ・ボーイズのメンバーとして活動するうちに、ヒーロー達とも交流を持つようになります。

生年月日:1992年4月24日
年齢:30歳
出身地:アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス
代表作:ハンガーゲーム、VINYL-ヴァイナル-

ウィリアム・“ビリー”・ブッチャー/演:カール・アーバン


元CIA工作員という経歴を持つザ・ボーイズのリーダー。

復讐や目的達成のためなら手段を選ばない冷徹な性格で、それにはホームランダーとの因縁が関係しているそうです。

生年月日:1972年6月7日
年齢:50歳
出身地:ニュージーランド・ウェリントン
代表作:ロード・オブ・ザ・リングシリーズ、スタートレックシリーズ、マイティ・ソー バトルロイヤル

フレンチー/演:トマー・カポン


フランス出身のアウトローで、LSDなどのドラッグを扱う密輸業者。そのため薬品関係にも詳しいです。

危険な雰囲気ながら心根は優しく、過去に虐待を受けてきた経験からキミコと強い絆で結ばれます。

生年月日:1985年6月15日
年齢:37歳
出身地:イスラエル・リション・レジオン
代表作:ヒーローが飛び立つとき、ファウダ-報復の連鎖-

マザーズミルク/演:ラズ・アロンソ


ブッチャーの昔馴染みである元衛生兵。現在は非行少年の保護や更生を生業としています。

妻子と幸せな生活を送る中でブッチャーと再会し、再びザ・ボーイズに引き入れられました。

生年月日:1974年3月25日
年齢:48歳
出身地:アメリカ・ワシントンD.C.
代表作:ワイルド・スピードMAX、アバター

キミコ・ミヤシロ/演:福原かれん


ザ・ボーイズでは唯一の能力者とされる日本人の少女。過去に両親を殺されたショックで喋れなくなり、手話でコミュニケーションを取ります。

感知能力や身体能力が発達しており、セブン同様にスーパーパワーを駆使して戦います。

生年月日:1992年3月10日
年齢:30歳
出身地:アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス
代表作:スーサイド・スクワッド

ホームランダー/演:アントニー・スター


セブンのリーダー格であるヒーロー。スーパーマンのようなコスチュームが特徴です。

ヒーローの鑑と言うべき表の顔とは裏腹に、本性は非常に冷酷かつ残酷なので、他のヒーローからも恐れられています。

幼い頃から隔離された環境で厳しく育てられたため、他人の愛情に飢えている繊細な一面もあります。

生年月日:1975年10月25日
年齢:46歳
出身地:ニュージーランド・オークランド
代表作:バンシー、Outrageous Fortune

ザ・ボーイズの見所を紹介!

https://twitter.com/SakuradaSilver/status/1545720142663139330
続いては『ザ・ボーイズ』の大きな見所を紹介していきます。

従来のヒーロー像から逆転させたストーリー展開


ホームランダーを始め、ヴォートの指揮下で活動するヒーロー達によるチーム「セブン」は本作最大の象徴です。

本来は民衆を救うべき存在であるスーパーヒーローを悪役として描き、それらを一般人が倒そうという逆転現象はあまり類を見ません。

セブンのメンバーもジャスティスリーグなど、有名なアメコミヒーローをモデルにしている辺りに皮肉を感じさせます。

一方でザ・ボーイズがセブンやヴォート社を憎む理由にもきちんと説明がついているので、一般人の勝利を応援したくなるのも本作ならではの魅力です。

従来のヒーロー像や作風から逆転させたストーリーに注目しましょう。

まとめ


『ザ・ボーイズ』の見る順番や時系列などを紹介してきました。

オススメの見る順番は以下の通りです。

  1. 『ザ・ボーイズ』シーズン1
  2. 『ザ・ボーイズ』シーズン2
  3. 『ザ・ボーイズ』シーズン3

この記事を参考にしながら『ザ・ボーイズ』をお楽しみ下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。