\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

死霊館の見る順番や時系列!アナベルを見るタイミングも紹介!

2013年に始まったホラー映画シリーズ『死霊館』は、スピンオフも含めれば毎年1本のペースで作られている人気作です。

ホラーテイストにミステリー要素を加え、他作品との繋げ方も上手い事から全体を通して評価の高い作品でもあります。

今回は『死霊館』の見る順番や時系列などを紹介していきます。

死霊館の各あらすじを紹介!


まずは『死霊館』の各あらすじを紹介しましょう。

死霊館

1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。
しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の時間に止まる時計など不気味な怪現象が次々と発生し、娘たちに危害が及んだことから、
一家は心霊学者のウォーレン夫妻に解決してほしいと依頼する。
夫妻が現地を調査すると恐るべき歴史が明らかになり、夫妻は館に巣食う邪悪な存在に立ち向かうが……。

引用:シネマトゥデイ

死霊館 エンフィールド事件

ロンドン北部に位置するエンフィールドで、4人の子供とシングルマザーの家族は、正体不明の音やひとりでに動く家具が襲ってくるなど説明のつかない数々の現象に悩まされていた。
助けを求められた心霊研究家のウォーレン夫妻は、一家を苦しめる恐怖の元凶を探るため彼らの家に向かう。
幾多の事件を解決に導いた夫妻ですら、その家の邪悪な闇に危機感を抱き……。

引用:シネマトゥデイ

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

〈事件概要〉
1981年、アメリカ コネチカット州ブルックフィールド。
被告人(当時:19歳)は家主を刃物で22回刺し殺害。
証言台で被告人は、まっこうから無罪を主張。
事件の真相をあばく手掛かりは、現場に残された3本の凶悪な爪痕、若い女性の水死体、黒いバラ、謎のトーテム、破かれたウォーターベッド…。
全米震撼、前代未聞の実話。
その真相は…。

引用:公式サイト

死霊館の見る順番を紹介!


『死霊館』シリーズを公開順に並べると以下の通りになります。

  1. 『死霊館』
  2. 『死霊館 エンフィールド事件』
  3. 『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』

時系列は一貫しているので、この順番で見るのがオススメです。

時系列も公開順で繋がっており、『死霊館』が1971年、『エンフィールド事件』が1977年、『悪魔のせいなら、無罪。』が1981年の出来事です。

主人公のウォーレン夫妻も実在する人物で、どのような功績があるのか調べた方が映画をより楽しめるかもしれません。

スピンオフも見た方がいい?


『死霊館』には『死霊館のシスター』『アナベル』といったスピンオフもあり、これらも根強い人気があります。

死霊館の歴史や関係性をより深く知る事ができるので、できれば目を通した方がいいでしょう。

まとめ


『死霊館』の見る順番や時系列などを紹介してきました。

スピンオフも含めて見るなら、以下の時系列順がオススメです。

  1. 『死霊館のシスター』
  2. 『アナベル 死霊人形の誕生』
  3. 『アナベル 死霊館の人形』
  4. 『死霊館』
  5. 『アナベル 死霊博物館』
  6. 『死霊館 エンフィールド事件』
  7. 『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』

公開順もいいですが、時系列順だと物語の繋がりが強く感じられますよ。

この記事を参考に、『死霊館』をお楽しみ下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です