\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

スクリームを見る順番は?全5作品の時系列についても紹介!

平凡な田舎町で突如起きる殺人事件を題材にしたホラー映画『スクリーム』は、現在5作目まで公開されています。

殺人鬼「ゴーストフェイス」が被るハロウィンマスクのインパクトや、最後まで予想が付かない巧みなプロット展開によって大ヒットを記録しました。

既に6作目の制作がスタートしており、2023年には公開されるようです。

そこで今回は『スクリーム』シリーズの見る順番や時系列などを紹介していきます。

スクリームの各あらすじを紹介!


まずは『スクリーム』シリーズの各あらすじを紹介しましょう。

現在はAmazon prime videoなどの配信サービスで全5作品が視聴できます。

スクリーム

小さな町で不可解な死が続けて発生した。
シドニー・プレスコット率いるちょっと変わったグループが、マスクをかぶった殺人鬼の次のターゲットとなる。
“賢いスリラー”と評され、大成功をおさめた本作は、フランチャイズに乗り出しホラー分野へ新しい生命を吹き込んだ。

引用:Amazon prime video

スクリーム2

ウェス・クレイヴン監督、ケヴィン・ウィリアムソン脚本による、人気ホラー・シリーズ第2作。
ハロウィン・マスクを被った謎の殺人鬼が再び登場。生き残ったシドニーを狙い、殺人ゲームを仕掛け始める。
前作同様、従来のホラー映画の慣例を転化したユーモアや推理劇の面白さが見どころ。
あれから2年-。大学生となったシドニーは、凄惨な事件を忘れ、楽しい学生生活を送っていた。
そんな中、事件の顛末を記した本がヒットし、映画化される事に。その映画の試写会場で、かつての事件と酷似した殺人事件が起こる。

引用:Amazon prime video

スクリーム3

https://twitter.com/KURO_ONI_HORROR/status/1302174996849070080

厳重に警備された家に身を隠して生活していたシドニー・プレスコット。
そんな中、ウッズボローの陰惨な連続殺人事件をもとにした最新映画「スタブ3」のハリウッドにあるセットで次々と死体が発見される。
次第にエスカレートしていく恐怖はシドニーを隠れ家から誘い出し、彼女と他の生存者たちを再び陰険なホラー映画のゲームへと引き込んでいく。
幅広い支持を集める『スクリーム』フランチャイズの中でも、“サスペンスに満ちていて、賢く、とても面白い”(NBCテレビ)と評されたシリーズ。

引用:Amazon prime video

スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション

カリフォルニアの田舎町ウッズボローで起きた連続殺人から10年。
生き残ったシドニーは、自らの体験を自叙伝として出版し、作家として成功を収めていた。
だが、自著の宣伝のため故郷に戻った彼女の前に保安官が現れ、女子高生ふたりが惨殺されたことを告げる。

引用:U-NEXT

スクリーム(2022年版)

https://twitter.com/MeetmeinChicago/status/1526145255397273602

新たな殺人鬼によってゴーストフェイス・マスクの恐怖が復活する。
犯人が分からない今、殺人鬼の凶行を止めることができるのは25年前の惨劇の生還者である、シドニー・プレスコット、元保安官のデューイ・ライリー、リポーターのゲイル・ウェザーズだけだ。

引用:Amazon prime video

スクリームを見る際は公開順がオススメ!

https://twitter.com/lPBUieIYs2EcmRr/status/1524392600333328384
『スクリーム』シリーズを見る際は公開順にするのがオススメです。

公開順にまとめると以下のようになります。

  1. 『スクリーム』
  2. 『スクリーム2』
  3. 『スクリーム3』
  4. 『スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション』
  5. 『スクリーム』(2022年版)

時系列は一貫しており、特にヒロインのシドニーは殺人現場から生き残った後も物語に関わり続けています。

そのため一作目から通して見た方がわかりやすくなるでしょう。

スクリームの見所を紹介!


ここでは『スクリーム』シリーズの見所をいくつか紹介します。

叫びが込み上げてきそうなホラー展開


「悲鳴」を意味するタイトル通り、叫びが込み上げてきそうなホラー展開が何度も描かれます。

予告の時点で相当気合いが入っており、「お前を見ているぞ」と電話で話しかける男を適当にあしらっていたら突然窓が破られ…という具合に掴みもバッチリです。

その後も電話はかかってくるので、神経がすり減っていくヒロインの姿に共感を覚えるでしょう。

この恐怖は『ラストサマー』でも知られるケヴィン・ウィリアムソンが手掛けており、急に物音がしてリビングを見に行くと窓が開いていたという実体験を元に書いたそうです。

そこに『エルム街の悪夢』を手掛けたウェス・クレイヴンが監督として加わり、本作はスラッシャー映画の傑作に仕上がりました。

過去のホラー映画に対するオマージュ


『スクリーム』では過去のホラー映画に対するオマージュが多く見受けられます。

例えば一作目で登場する掃除屋さんの衣装は『エルム街の悪夢』に登場する殺人鬼・フレディと同じものです。

これはウェス・クレイヴンが『エルム街の悪夢』の監督を務めていたためで、シドニーの住所を「エルム街34番地」にするネタもあったものの、製作段階で白紙になったそうです。

このようにホラー映画ネタも多く、詳しい人であれば探して見るのもいいかもしれません。

ヒロインであるシドニーの強さ


シリーズを通して登場する人物の1人がヒロインのシドニー・プレスコットです。

ホラー映画の主人公と言えば犯人から逃げ惑うばかりで、シドニーもその例にもれずと思われますが、きっちりやり返します。

母親の死のトラウマには度々悩まされるものの、殺人現場から生き残るうちに精神的にも成長し、毎回殺人鬼に挑んでいます。

殺人鬼にやり返したりと、それまで襲われっぱなしだった鬱憤を晴らす姿は爽快なので、ありきたりなホラー映画に飽きている人にもオススメの作品です。

ドラマやパロディにされても健在な作品独特の恐怖


『スクリーム』は知名度や人気の高さもあり、ドラマ化など後のシリーズ化にも恵まれています。

2015年からスタートしたドラマ版は全3シーズン放送され、新しい恐怖を生み出す事に成功しました。

またパロディ映画として『最終絶叫計画』があり、こちらもシリーズ化されています。『スクリーム』のパロディ映画というのはタイトルから一目瞭然ですね。

殺人鬼がすぐ近くから電話をかける姿をヒロインに見られたり、飛んでくる皿を『マトリックス』ばりの動きで回避したら腰を痛めたりと、爆笑シーンが満載です。

それでも殺人鬼がどこから襲ってくるのかわからない恐怖は健在なので、ホラー映画の完成度の高さが窺い知れます。

まとめ


『スクリーム』シリーズの見る順番や時系列などを紹介してきました。

オススメの見る順番は以下の通りです。

  1. 『スクリーム』
  2. 『スクリーム2』
  3. 『スクリーム3』
  4. 『スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション』
  5. 『スクリーム』(2022年版)

今なお新しいシリーズが展開されており、恐怖の叫びを上げる人は後を絶たなさそうです。

この記事を参考に『スクリーム』シリーズをお楽しみ下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です