\今だけの特典かも?/
アニメ

竜とそばかすの姫のキャスト一覧や相関図を紹介!

『サマーウォーズ』『未来のミライ』などで知られる細田守監督の最新アニメ映画『竜とそばかすの姫』

インターネットを舞台としており、監督自らが渾身の作品だと認める程の注目作です。

今回は『竜とそばかすの姫』のキャストや相関図を紹介していきます。

竜とそばかすの姫のあらすじを説明!


まずは『竜とそばかすの姫』のあらすじについて説明しましょう。

自然豊かな高知の村に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。
母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。

曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。
<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。
歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。
ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。

数億のAsが集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。
一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。

やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探し(アンベイル)。

<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗るAsたちは竜を執拗に追いかけ始める。
<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。

現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。
二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。

引用:公式サイト

竜とそばかすの姫の相関図を紹介!


『竜とそばかすの姫』の相関図はこのようになっています。

主人公のすず(ベル)を中心に、高校の同級生や<U>で活動するアバターとの交流が描かれます。

竜とそばかすの姫のキャスト一覧を紹介!


次に紹介するのは『竜とそばかすの姫』のキャスト一覧です。

俳優からシンガーソングライターまで、幅広い分野での有名人が出演しています。

すず(内藤鈴)/演:中村佳穂


高知の自然豊かな村で生まれ育った少女。

幼い頃に母を亡くしてから歌う事ができず、<U>の世界で歌姫・ベルとして注目を集めていました。

「竜」という謎の存在がコンサートを荒す中でも、彼の心を救おうと必死に救おうとします。

演じる中村佳穂さんは本作が初のアニメ出演です。

中村佳穂のプロフィール

生年月日:1992年5月26日
年齢:29歳
出身地:京都府
アルバム:口うつしロマンス、リピー塔がたつ、AINOU

しのぶくん(久武忍)/演:成田凌


バスケ部で女子から絶大な人気を誇る、ミステリアスな雰囲気を持つ少年。

幼い頃にすずにプロポーズした事があり、現在も何かと気に掛けています。

成田凌のプロフィール

生年月日:1993年11月22日
年齢:27歳
出身地:埼玉県
代表作:カツベン!、さんまが泣いた日、まともじゃないのは君も一緒

カミシン(千頭慎次郎)/演:染谷将太

https://twitter.com/1007_Chibiko/status/1400022772378595333
カヌー部をたった1人で立ち上げ、インターハイを目指す天真爛漫な性格の少年。

その熱さから浮き気味ですが、高校ではムードメーカーとして役割を果たします。

染谷将太のプロフィール

生年月日:1992年9月3日
年齢:28歳
出身地:東京都江東区
代表作:パンドラの匣、ヒミズ、麒麟がくる

ルカちゃん(渡辺瑠果)/演:玉城ティナ


モデルのような雰囲気とスタイルの持ち主で、みんなからの人気者でもある女子。

高校では吹奏楽部でアルトサックスを担当しています。

玉城ティナのプロフィール

生年月日:1997年10月8日
年齢:23歳
出身地:沖縄県浦添市
代表作:わたしに××しなさい!、惡の華、地獄少女

ヒロちゃん(別役弘香)/演:幾田りら


ネットを使いこなす、すずの親友にして良き理解者。

ベルの正体がすずだと唯一知っており、時折毒舌も交えながらベルとしてプロデュースします。

幾田りらのプロフィール

生年月日:2000年9月25日
年齢:20歳
出身地:アメリカ・イリノイ州シカゴ
アルバム:15の想い、Rerise、Jukebox

竜とそばかすの姫のキャストや相関図まとめ


『竜とそばかすの姫』のキャストや相関図などを紹介してきました。

予告だと壮大な主題歌をBGMに、竜のオリジンを見つけようとするすずの姿が描かれます。

50億ものアバターからたった1人を見つけ出すのは途方もなく険しいですが、インターネットが舞台の作品にはピッタリな表現です。

更なる続報をチェックしながら公開に備えましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です