\今だけの特典かも?/
アニメ

憂国のモリアーティの時系列や見る順番!あらすじを紹介!

『シャーロック・ホームズ』シリーズの敵役として知られるモリアーティ教授

彼を主役とした漫画『憂国のモリアーティ』がアニメ化され、現在第2期が放送中です。

今回はアニメ『憂国のモリアーティ』のあらすじや見る順番などを紹介していきます。

憂国のモリアーティ(アニメ)のあらすじ


まずは『憂国のモリアーティ』のあらすじについて説明しましょう。

19世紀末。産業革命が進む中、着実に勢力を拡大し栄華を極めたイギリス。
しかし技術の進歩と発展とは裏腹に、古くから根付く階級制度によって、人口の3%にも満たない貴族たちが国を支配していた。
当たり前のように特権を享受する貴族。明日の暮らしもままならないアンダークラス。
人々は生まれながらに決められた階級に縛られて生きている。

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティは、そんな腐敗した階級制度を打ち砕き、理想の国を作り上げるために動き出す。

シャーロック・ホームズすら翻弄した“犯罪卿”モリアーティ。
犯罪による革命が、世界を変える――

引用:公式サイト

憂国のモリアーティ(アニメ)の見所は?


『憂国のモリアーティ』最大の見所は、主人公であるモリアーティ教授の設定です。

従来の小説ではホームズの宿敵として凶悪事件を起こしてきたモリアーティですが、本作ではホームズ同様に美男子、しかも三人兄弟と設定されています。

実は派生作品の多い『シャーロック・ホームズ』シリーズでモリアーティが主役の作品は過去に例がなく、そういった設定も斬新です。

モリアーティ兄弟は犯罪者であるものの、その目的は階級制度に乗っかり暴利をむさぼる貴族の粛清であり、イギリスの革命を第一としています。

そのため、一般的な犯罪者より義賊に近い立ち位置とされ、被害者である殺人事件の遺族に復讐の機会を与える事も少なくありません。

クールの節目ごとに変化するウィリアムの役目や手段

https://twitter.com/haru24565563/status/1331620514763206657
本作の主人公にあたるウィリアム・モリアーティはイギリスから身分による差別をなくすべく、完全犯罪によって貴族や権力者達を粛清していきます。

「毒を以て毒を制す」というスタンスは一貫していますが、クールの節目によってウィリアムの役目や手段が変化するのも1つの見所です。

1クール目だと犯罪相談役(クライムコンサルタント)として依頼人に知恵を授ける一方、2クール目だと自らを「犯罪卿」に仕立てつつ更に大きな犯罪計画に手を染めていきます。

原作での「完全犯罪を愛し、それによる支配を楽しむ悪の権力者」というモリアーティとは一味違ったキャラクター像と言えるでしょう。

憂国のモリアーティ(アニメ)の時系列や見る順番


『憂国のモリアーティ』の放送体型は分割2クールになっており、12話前後のキリが良い辺りで区切られているのが特徴です。

時系列はモリアーティ兄弟が大人になった姿から始まり、少年時代は回想シーンとして時折描かれます。

そのため原作ファンは混乱するかもしれませんが、本筋となるストーリーは一続きなので、1期→2期と放送順に見ていけば大丈夫です。

 

憂国のモリアーティ(アニメ)の時系列や見る順番まとめ


今回は『憂国のモリアーティ』のあらすじや見る順番などを紹介してきました。

ダークヒーローとしてのモリアーティ教授が印象的な作品で、従来の『シャーロック・ホームズ』シリーズとは一味違った魅力があるのではないでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です