\今だけの特典かも?/
アニメ

モンスターズインクの新作は後日譚!あらすじなどを紹介!

ディズニー映画『モンスターズ・インク』の新作テレビシリーズが放送決定しました。

可愛いモンスターなど見所が多い作品なので、続編を待っていた人も多いのではないでしょうか。

タイトルは『モンスターズ・ワーク』と言い、7月9日からディズニープラスで独占配信となる予定です。

今回は過去シリーズのおさらいもしながら、『モンスターズ・ワーク』のあらすじを紹介していきます。

モンスターズワークの過去シリーズをおさらい!

https://twitter.com/tayn_nsr_0420/status/1408133785468608513
『モンスターズ・ワーク』の紹介に入る前に、まずは2つの過去作品をおさらいしましょう。

どの作品もサリーとマイクのコンビが主役で、「モンスターワールド」という異世界を舞台としているのが特徴です。

モンスターズインク


『モンスターズ・インク』は2002年2月に日本で公開された、ディズニーとピクサーによるCGアニメです。

モンスターワールドには子供の悲鳴を生活のエネルギー源として集める大企業「モンスターズ・インク」があり、サリーとマイクはそこでトップの成績を収める社員です。

2人は子供部屋からモンスターワールドに迷い込んでしまった人間の女の子ブーと知り合い、何とかして元の世界に送り返そうとします。

ブーの存在で街がパニックになる中、モンスターズ・インクに隠された陰謀が明らかになろうとしていました…

モンスターズユニバーシティ


日本では2013年7月に公開された、『モンスターズ・インク』の続編にして前日譚です。

本編から数年前、マイクは怖がらせ屋のフランク・マッケイに憧れ、彼の出身校であるモンスターズ・ユニバーシティに入学します。

そこでサリーと出会いますが、正反対な性格から幾度となく衝突を繰り返します。

やがて実力不足を理由に怖がらせ学部から追放された2人は復帰をかけて、冬休み明けに開催される「怖がらせ大会」での優勝を目指して協力するようになります。

モンスターズワークのあらすじを紹介!

https://twitter.com/rainbowrain1024/status/1404813687299395590
続いては『モンスターズ・ワーク』のあらすじを紹介しましょう。

経営者となった2人の元に、“怖がらせ屋”の名門モンスターズ・ユニバーシティを首席で卒業した新入社員のタイラーがやってきた。
しかし、今やモンスターの仕事は“怖がらせ屋”ではなく“笑わせ屋”。
突如社内の施設チーム(通称MIFT)に配属されてしまったタイラーは、逆境から這い上がり、いつか “笑わせ屋”となって“爆笑フロア”にデビューすることを決意する。
“笑い”でパワーを生み出す新人モンスターと新生モンスターズ・インクの挑戦が始まった!

引用:ディズニープラス公式サイト

モンスターズワークの見所を紹介!


大きな見所は出世したサリーとマイク、そして新キャラのタイラーの存在です。

前々作でモンスターズ・インクの陰謀を暴いた事で出世し、エネルギーも子供の悲鳴からより効率的な笑い声に切り替えました。

共同経営者として腕を振るう2人の元に、モンスターズ・ユニバーシティを首席で卒業した新入社員のタイラーが現れます。

ただし、タイラーは怖がらせ屋専攻だったため、慣れない笑わせ屋としての仕事に悪戦苦闘します。

それでも逆境から這い上がるべく仕事に精を出すのでした。

笑わせ屋として大成しようとするタイラーをメインに、サリーとマイクは一歩引いた立場からそれを見守る事になりそうですね。

まとめ

https://twitter.com/gush_04/status/1403275865794891782
『モンスターズ・ワーク』のあらすじや見所、過去作品のストーリーを紹介してきました。

映画とは違う形でサリーやマイクのその後を見られるのは楽しみですね。

新たに生まれ変わったモンスターズ・インクの活躍をディズニープラスでご覧下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です