\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

家政夫のミタゾノを見る順番は?シーズン5までの時系列も紹介!

「金曜ナイトドラマ」枠にて5シーズン放送されたドラマ『家政夫のミタゾノ』

松岡昌宏さん演じる家政夫・三田園薫が派遣先の内情を暴き、家庭を崩壊から再生へと導いていく痛快ヒューマンドラマです。

そこで今回は『家政夫のミタゾノ』の見る順番や時系列などを紹介していきます。

家政夫のミタゾノの各あらすじを紹介!


まずは『家政夫のミタゾノ』の各あらすじを紹介しましょう。

現在はTELASAにて全5シーズンが配信中です。

家政夫のミタゾノ シーズン1

とある住宅街にある豪奢な一軒家–そこは現職都知事・小津鮫洋一郎が家族とともに暮らす自宅。
ある日そこに新しい家政婦がふたりやってくる。花田えみり、そして思わず凝視してしまうほど大柄な女、三田園薫。
実は、三田園にはある秘密があった–そう、彼女は家政婦ではなく“家政夫”…。男性なのだ。

引用:TELASA

家政夫のミタゾノ シーズン2

https://twitter.com/mitazono_desu/status/1001029462656339968

むすび家政婦紹介所の“伝説の”家政夫・三田園薫–消息不明になったと噂されていた“彼女”は、実はロケットの発射現場に…!?
その頃、むすび家政婦紹介所では新人の五味麻琴が、平野らむ、早坂倫子から三田園の噂話を聞かされていた。
らむの話によると、“三田園が派遣された家は必ず壊れる”らしい…。
その後、所長の結頼子から、『花沢ネジ製作所』という小さな町工場に派遣された麻琴は、そこで社長の花沢進助と妻の美千代と出会う。

引用:TELASA

家政夫のミタゾノ シーズン3

とあるアラブの国で石油を採掘する一族に仕えていた三田園薫は、『むすび家政婦紹介所』の所長・結頼子からの「すぐ戻ってきて!」という電話で日本に呼び戻される。
脱税疑惑をかけられ、営業停止に追い込まれていた『むすび家政婦紹介所』だったが、晴れて営業を再開。
それを機に、頼子の甥・村田光と、新人家政婦の恩田萌という新しいメンバーを迎え、三田園は光の“教育係”として呼ばれたのだった。
さっそく三田園たちが派遣されたのは、個人資産800億円とも言われる丹波フーズ会長・丹波幸之助の家。
丼専門チェーン『丼・来放題(ドン・キホーダイ)』の成功で一躍トップに上り詰めた飲食業界のドン・丹波は、家政婦の採用にも「モデルのような高身長で、若くて美しい顔の女性」と厳しい条件を設けており、
なかなかそれをクリアできる人材がいなかったところ、「三田園なら」と白羽の矢が立ったのだ。

引用:TELASA

家政夫のミタゾノ シーズン4

街中でゴミ拾いをしながらランニングに勤しむ三田園薫のもとに、むすび家政婦紹介所の所長・結頼子から招集の電話がかかる。
–「VIPなお客様からご依頼よ。すぐ戻ってきてちょうだい」
脱税疑惑をかけられ、一時は業務停止に追い込まれていたむすび家政婦紹介所。事務所を移転し、頼子の甥・村田光、阿部真理亜、式根志摩に新人家政婦の霧島舞を加え、無事に業務を再開していた。
ひとまず三田園が来るまでの間…と、依頼人の家へと向かった光と舞。
そこは次期環境大臣に内定している“Mr.クリーン”こと議員の岩瀬和夫の自宅だった。
大臣就任を前に、妻の美紗子と息子の浩一にも「クリーンでいること」を求める岩瀬。
そんな岩瀬の要望を呆れながらも聞き入れる妻子の姿を見た光は「温かい、理想の家庭」と羨望の眼差しを向ける。

引用:TELASA

家政夫のミタゾノ シーズン5

女装した大柄な家政夫・三田園 薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく、痛快“覗き見”ヒューマンドラマシリーズ『家政夫のミタゾノ』。
幅広い世代から絶大な支持を得る同ドラマがこの春、ついに第5シリーズを始動!
新たな家政婦は元ヤンキー!?山本舞香が新しく『むすび家政婦紹介所』の家政婦として加入!伊野尾慧らおなじみの家政婦ももちろん勢ぞろい!

引用:TELASA

家政夫のミタゾノを見る際は放送順がオススメ!


『家政夫のミタゾノ』を見る際は放送順にするのがオススメです。

放送順にまとめると以下のようになります。

  1. 『家政夫のミタゾノ』シーズン1
  2. 『家政夫のミタゾノ』シーズン2
  3. 『家政夫のミタゾノ』シーズン3
  4. 『家政夫のミタゾノ』シーズン4
  5. 『家政夫のミタゾノ』シーズン5

1話完結なのでどこから見ても問題ありませんが、下手に時系列を意識せず放送順に見た方が楽しめるでしょう。

家政夫のミタゾノの見所を紹介!


ここでは『家政夫のミタゾノ』の見所をいくつか紹介していきます。

三田園の女装によるインパクトもさる事ながら、他にも家庭で役立つ豆知識など多くの見所があります。

これらにも目を向けてみると、ドラマをより深く楽しめるかもしれません。

三田園の手で暴かれる家庭問題と解決による爽快感


『家政夫のミタゾノ』最大の醍醐味と言えば、家庭や親族間で起こる様々な問題の解決です。

三田園は派遣先の家庭に潜入すると、その家の人間が隠していた問題を暴き、一気に解決してしまいます。

その手段は強引ではなく、並外れた推理力と問題の本質を見極める洞察力によるもので、思わず感心してしまう程に説得力があります。

推理シーンの演出も細かく、見返してみると納得できるポイントが多いので、つい見入ってしまうでしょう。

家庭で使える豆知識が身に付く


家政夫の腕はプロフェッショナル級の三田園は、派遣先でも豊富な知識と技術を駆使して家事をこなします。

この時に披露する豆知識はいずれも家庭で再現できるものなので、視聴者としては生活の知恵を手軽に学ぶ事ができます。

ちなみに三田園の家事スキルは「家事えもん」こと松橋周太呂さんが監修しており、松橋さん自身も洗濯ソムリエと掃除能力検定士の資格持ちです。

豆知識については三田園がストーリー別に解説してくれるので、これを目当てにドラマを見ている主婦の方も多いようです。

ミステリアスなキャラクター性とのギャップ

https://twitter.com/y5sh2k5/status/78947448512447692
三田園のミステリアスさも本作の立派な見所です。なぜ彼が家政夫をしているのか、なぜ女装しているのかといった疑問が明らかにされる事はありません。

いつも真顔で全く笑いませんが、「痛み入ります」という決めゼリフもミステリアスさに磨きをかけています。

その一方で普段の顔とのギャップも強く、コメディチックな演出の多さからどこか好感が持てるキャラクターに仕上がっているのも特徴的です。

他人の家庭を根こそぎ掃除したりと、手段を選ばない非情さも見せますが、その根底には優しさがあるので嫌う事はまずないでしょう。

まとめ


『家政夫のミタゾノ』の見る順番や時系列などを紹介してきました。

オススメの見る順番は以下の通りです。

  1. 『家政夫のミタゾノ』シーズン1
  2. 『家政夫のミタゾノ』シーズン2
  3. 『家政夫のミタゾノ』シーズン3
  4. 『家政夫のミタゾノ』シーズン4
  5. 『家政夫のミタゾノ』シーズン5

2022年11月には舞台化される事が決まっているので、今後も更なる動きから目が離せません。

この記事を参考にしながら『家政夫のミタゾノ』をお楽しみ下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です