\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

マーベラスミセスメイゼルの見る順番!シーズン4まで時系列も紹介!

Amazonビデオで配信中のドラマ『マーベラス・ミセス・メイゼル』は、1960年代のニューヨークを舞台にした歴史コメディドラマです。

ユダヤ人の平凡な主婦、ミリアム・メイゼルことミッジがひょんな事からコメディアンとなり、徐々に大成していく様子を描きます。

ミッジの軽快なトークや再現度が高いレトロファッションといった要素から人気を集め、ゴールデングローブ賞やプライムタイム・エミー賞など数々の賞を受賞するヒット作となりました。

そこで今回は『マーベラス・ミセス・メイゼル』の見る順番や時系列などを紹介していきます。

マーベラスミセスメイゼルの各あらすじを紹介!


まずは『マーベラス・ミセス・メイゼル』の各あらすじを紹介しましょう。

物語はミッジの芸能界デビューから始まり、家族や友人との人間関係に悩みながら芸を磨いていく姿を描いています。

マーベラス・ミセス・メイゼル シーズン1

https://twitter.com/zenseshirokuma/status/1492770618189950982

1958年、ニューヨーク。アッパーウェストサイドに暮らすミッジ・メイゼルは、夫や子供たち、そして華やかな食卓のある幸せな日々を送っていた。
ところがその日常が大きく変わる出来事が起こり、彼女は即座に生き方を変える決心をする。
主婦だった彼女が、コメディアンになるという驚きの決断をするのだ。

引用:Amazon prime video

マーベラス・ミセス・メイゼル シーズン2

ガスライトで成功を収めたミッジだったが、ソフィー・レノンを怒らせたせいでコメディアンとしてのキャリアを伸ばすのを妨害されるようになり、漫談で稼げなくなってくる。
また漫談をやっていることは家族に隠してきたが、さまざまな影響が出始めたため、いよいよ打ち明けなければならなくなる。

引用:Amazon prime video

マーベラス・ミセス・メイゼル シーズン3

シャイと巡業に出たミッジとスージーは、貴重な経験を積む一方で、自分たちのキャリアのなさを痛感しながらショービジネス界の厳しさを学んでいく。
ジョールは自分の夢を追いながら、ミッジをサポートしようと奮闘する。エイブは新たな使命に没頭し、ローズの日常も大きく変わっていく。

引用:Amazon prime video

マーベラス・ミセス・メイゼル シーズン4

https://twitter.com/_je_suis_saori/status/1497608456529793026

1960年代に入り、時代の空気が変わる。
コメディアンの腕を磨くため、ミッジはギグに注力し、完全なるクリエイティブな自由を見いだす。
だが芸と場所へのこだわりが、彼女を取り囲む家族や友人との間に溝を生む。

引用:Amazon prime video

マーベラスミセスメイゼルを見る際は放送順がオススメ!

https://twitter.com/peco42722903/status/1496771890131652610
『マーベラス・ミセス・メイゼル』を見る際は、放送順にするのがオススメです。

放送順にまとめると以下のようになります。

  1. 『マーベラス・ミセス・メイゼル』シーズン1
  2. 『マーベラス・ミセス・メイゼル』シーズン2
  3. 『マーベラス・ミセス・メイゼル』シーズン3
  4. 『マーベラス・ミセス・メイゼル』シーズン4

時系列は一貫しており、過去のエピソードが意外な形で関わってくる事も多いので、シーズン1から通して見た方が内容もわかりやすくなります。

マーベラスミセスメイゼルの見所

https://twitter.com/_je_suis_saori/status/1497608456529793026
続いては『マーベラス・ミセス・メイゼル』の見所を紹介します。

アメリカンドリームを体現する古き良きアメリカの再現度

https://twitter.com/ranma_7st/status/1237580683704336384
『マーベラス・ミセス・メイゼル』ではレトロでポップな雰囲気が強い、かつてのアメリカの姿を見て楽しむ事ができます。

舞台となる1950~60年代のニューヨークは、「アメリカンドリーム」を志して集まった人々の手で芸術や商業の中心地として急速に発展しました。

色鮮やかかつ華やかな当時の世界観を忠実に再現しており、街並みやインテリアからも古き良きアメリカの雰囲気が上手く出ています。

ミッジの自分らしさを貫いていく爽快なトーク


裕福な家庭に生まれ、夫や2人の子供と幸せに暮らしていたミッジですが、夫の浮気がバレた事でその幸せは崩れてしまいます。

そんな中、泥酔した状態でナイトクラブに向かったのが転機となり、披露した自虐トークが客に大ウケした事でコメディアンへの道を歩み始めました。

ここから自虐トークを武器に、ミッジはコメディアンとしてショービジネス界で登り詰めていきます。

自虐に使うセリフ量は相当なものですが、それをミッジの滑舌の良さで上手くまとめており、爽快なトークをテンポよく進むストーリー展開と併せて堪能できます。

ミッジ役のレイチェル・ブロズナバンは本作での演技が高く評価され、2018年にはゴールデングローブ賞とエミー賞のコメディ部門で主演女優賞を受賞しました。

感動的な場面すらも立ち直りの早さや毒舌交じりのトークでコミカルに進めるので、サクセスストーリーというよりハートフルなコメディ作品として惹かれていきます。

女性の自立や社会進出を前向きに描くストーリー


1950年代はアメリカでも女性の自立や社会進出が非常に困難な時代で、結婚して専業主婦として家を守るという考えが理想とされていました。

『マーベラス・ミセス・メイゼル』ではミッジがコメディアンとして活動する姿を通じて、前向きな気持ちにさせてくれます。

心ない観客から罵声や差別的な発言を受けても、それすらジョークのネタにするミッジの胆力には頭が下がります。ここまで物怖じせず反撃できる人もそういないでしょう。

男性優位な時代の中で好きなものにひたすら情熱を注ぎながら、力強く生きていく女性の姿からは気高さや美しさを感じられます。

また当時のアメリカは「第二次フェミニズム」と呼ばれる女性解放運動が起こった頃なので、歴史や時代背景についても調べておくと更に楽しめます。

ミッジのシンプルながらレトロ感溢れるファッション

https://twitter.com/PrimeVideo_JP/status/1395892280125501445
ミッジが身に付けるファッションはシンプルなデザインながら、レトロ感溢れるものが多いです。

服装はワンピースが多く、胸元に大きなリボンを付けたりと可愛いアレンジをしている場合もあります。あまり古臭さを感じさせず、ポップな世界観ともよく似合っていると評判の様子です。

戦後はアメリカの景気が良くなり、上流階級特権のファッションであったオートクチュールが市民層でも流行り出した時期です。ドラマでミッジが身に付けているものもそれらを意識したものだと思われます。

新しい時代の幕開けを象徴するカラフルな色使いなので、見る者の心も明るくしてくれるでしょう。

まとめ

https://twitter.com/ognrm/status/1125394726050340864
『マーベラス・ミセス・メイゼル』の見る順番や時系列などを紹介してきました。

オススメの見る順番は以下の通りです。

  1. 『マーベラス・ミセス・メイゼル』シーズン1
  2. 『マーベラス・ミセス・メイゼル』シーズン2
  3. 『マーベラス・ミセス・メイゼル』シーズン3
  4. 『マーベラス・ミセス・メイゼル』シーズン4

未だ人気は冷めやらず、2022年2月には完結編となるシーズン5の制作が発表されています。

現在はAmazonビデオでシーズン4まで配信中なので、この機に是非チェックしてみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。