\今だけの特典かも?/
エンタメニュース

夜は短し歩けよ乙女舞台いつから?公演時期やキャストも紹介!

4月9日、森見登美彦さんの小説『夜は短し歩けよ乙女』の舞台化が発表されました。

舞台化は今回が初ではありませんが、乃木坂46の久保史緒里さんなど有名人が出演する事もあって、話題を呼んでいます。

今回は舞台版『夜は短し歩けよ乙女』の公開時期やキャストなどを紹介しましょう。

夜は短し歩けよ乙女のあらすじを紹介!


まずは『夜は短し歩けよ乙女』のあらすじを紹介します。

京都に住む大学生の「先輩」は、部活の後輩である「黒髪の乙女」と仲良くなるべく日々画策していました。

京都の至る場所で乙女の姿を追い求めているうちに季節は冬を迎え、2人は珍事件に巻き込まれていきます。

先輩の片思いによる純愛物語に現実離れしたようなエピソードを交えており、交互に描く視点が特徴です。

2017年4月7日には湯浅政明監督の手でアニメ映画化され、長編部門グランプリを受賞する程の大ヒットを記録しました。

夜は短し歩けよ乙女(舞台版)は6月公演!


舞台版『夜は短し歩けよ乙女』は6月公演予定です。

公演スケジュールは6月6日から22日まで東京・新国立劇場 中劇場、26・27日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで行われるようになっています。

この1ヶ月での人気次第で、全国でも公演が行われるようにになるかもしれません。

夜は短し歩けよ乙女(舞台版)のキャスト一覧を紹介!

https://twitter.com/maimin_eimin/status/1380242768581173250
続いては舞台版『夜は短し歩けよ乙女』のキャスト一覧を画像付きで紹介します。

竹中直人さんや白石隼也さんの出演が決まっていますが、この見出しでは既に配役が決まっている主演2人を紹介します。

先輩/演:中村壱太郎

https://twitter.com/Rinta0803/status/1376867768490893317
京都のとある国立大学に通う、偏屈で妄想癖のある大学生。

乙女に想いを寄せるあまり思考だけが先走りがちで、「彼女という城の外堀を埋め続ける日々」と自嘲するような人生を送っています。

演じる中村壱太郎さんは本業が歌舞伎役者であり、2007年に『鏡獅子』を史上最年少の16歳で踊ったという経歴の持ち主です。

出演のオファーをもらった際は乙女役(女方)だと思い、非常に驚いたそうです。

中村壱太郎のプロフィール

生年月日:1990年8月3日
年齢:30歳
出身地:東京都
代表作:鏡獅子、寧々〜おんな太閤記、知られざる物語 京都1200年の旅

黒髪の乙女/演:久保史緒里


天然キャラの女子大生で、魅惑の大人世界に憧れるあまり夜の木屋街に繰り出す程の強い好奇心の持ち主。

先輩からの好意には気付いておらず、待ち伏せは全て偶然だと思い込んでいるようです。

演じる久保史緒里さんは乃木坂46メンバーとして有名ですが、ミュージカルなどで舞台経験もあります。

2019年10月から11月にかけてはミュージカル版『美少女戦士セーラームーン』でセーラームーン役を演じていました。

出演のオファーをもらった際はプレッシャーや不安があったものの、大好きな作品なので嬉しいと答えていました。

久保史緒里のプロフィール

生年月日:2001年7月14日
年齢:19歳
出身地:宮城県
代表作:ザンビ、乃木坂シネマズ〜STORY of 46〜、クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術

夜は短し歩けよ乙女(舞台版)公演時期やキャストまとめ

https://twitter.com/nikkan_editors/status/1380279535631917057
今回は舞台版『夜は短し歩けよ乙女』の公開時期やキャストなどを紹介してきました。

原作者の森見さんも舞台化に好意的であり、上演を心待ちにしているそうです。

まだ舞台化が決まったばかりなので、今後も更なる情報をチェックしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です