\今だけの特典かも?/
アニメ

「鬼滅の刃」アニメは原作何巻まで?続きを単行本でチェック!

この記事では、アニメ「鬼滅の刃」が原作何巻まで放送したかをまとめています。

「鬼滅の刃」とは鬼にされた妹を人間に戻すべく入隊した竈門炭治郎を始め、鬼殺隊の面々による戦いを描いたテレビアニメです。
2019年4月から9月にかけて放送され、好評のうちに終了を迎えました。

続編を望む声は多いですが、公式からアニメ2期の放送に関するアナウンスは現在ありません。
アニメ最終回の続きが気になる人も少なくなく、原作漫画で確認しようとするケースもあるようです。

そこでアニメ1期最終回からの続きを原作漫画で読む方法についても触れていきます。

「鬼滅の刃」アニメは原作何巻まで?

https://twitter.com/yoshi67434178/status/1325991053330051077

アニメ「鬼滅の刃」は全26話であり、原作漫画7巻の序盤に当たる54話まで映像化されました。
7巻からは新章スタートとなるので、丁度いい区切りになったと言えるでしょう。

現在公開中の劇場版「無限列車編」も含め、更なる戦いが炭治郎達を待ち受けており、アニメから入った人も今後ますます目が離せなくなりますね。

アニメの続きが気になる人は予習も兼ねて、単行本の方も購入してみて下さい。

劇場版も原作準拠のストーリー

「無限列車編」は原作漫画の54話から66話までが元になっており、アニメ1期ラストの列車に乗り込むシーンからそのまま繋がります。

制作はアニメ本編と同じくufotableが担当し、上映時間が2時間近くあるとはいえかなりのボリュームになりそうです。

公開にあたって公式サイトも劇場版仕様に変更されるなど、公式でもかなりの意気込みが感じられます。

続きを単行本でチェック!

アニメの最終回が7巻の途中までなので、そこから読んでいけば原作のストーリーには間違いなく追いつけますね。

放送時は既に大きな話題となっていた事もあり、最終回放送前から店頭で7巻が売り切れる事態が多発したそうです。

現在は全巻重版されるなどいくらか入手しやすくなっており、小説版など本編以外の書籍と合わせて購入するのもオススメです。

原作漫画は完結済み?

「鬼滅の刃」の原作漫画は全23巻あり、2020年11月の時点で完結済みです。

まだアニメ化されていない話が15巻分もあり、これは後にアニメ化された際に充分消化し切れる量のストックです。

1期の放送が2クール分だったので、2期も同じ話数になっても中断される事はまずないでしょう。

単行本の購入は電子書籍がオススメ

「鬼滅の刃」の人気は非常に高く、本屋に問い合わせても単行本が手に入らない場合もあります。

そんな時に便利なのが電子書籍の利用です。
電子書籍ならデータ媒体なので売り切れの心配がなく、スマホ利用者であれば読む時間の短縮にも繋がります。

ダウンロードが完了すれば新しいタブ・ページから開いて何度でも読み直す事ができ、待ち合わせや電車待ちといったちょっとした時間で利用できるのも嬉しい点ですね。

まとめ

アニメ「鬼滅の刃」が原作何巻まで放送されたか、その続きを原作漫画で読む方法を紹介してきました。

現在も高い人気を誇る作品であり、続編を望む声は根強いです。
幸い原作ストックに余裕はあるので、劇場版の上映終了後に公式から続編について発表される可能性は高いでしょう。

アニメの続きが気になる人は原作漫画で予習しながら、2期の放送に備えていって下さいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です