\今だけの特典かも?/
アニメ

鬼滅の刃2期が年内に放送決定!遊郭編も含めてどこまでやる?

2月14日、アニメ「鬼滅の刃」2期が2021年内に放送されると決定しました。

社会現象にまでなった人気作品の続編という事もあり、ティザービジュアルと第1弾PVが公開されるや否や、瞬く間に話題となっています。

今回は年内に放送が決まった「鬼滅の刃」2期について、どのようなストーリーになるかを詳しく紹介しましょう。

「鬼滅の刃」2期はいつから?

https://twitter.com/D2zcyn6HPYo146e/status/1361545920257531906

「鬼滅の刃」1期は2019年4月から9月にかけて放送されました。

それから1年以上の空白があり、2020年10月には劇場版アニメ「無限列車編」が公開されています。

2期の制作自体は1期の放送終了直後から決められており、待ち焦がれるファンも実際多かったです。

公式からの更なるアナウンスに期待しながら2期の放送を待ちましょう!

「鬼滅の刃」2期は「遊郭編」がストーリーの中心に!

2期の主なストーリーは原作の8巻~11巻にあたる「遊郭編」です。

ここでは「遊郭編」のあらすじや中心人物について紹介します。

「遊郭編」あらすじ

https://twitter.com/0702_Yuwina/status/1363775539975135235

鬼殺隊の下に遊郭で遊女達が次々と姿を消しているという情報が流れ、音柱・宇髄天元は3人の嫁を遊郭に潜入させます。

全員優秀なくノ一なので事は順調に運ぶと思われましたが、3人からの連絡も途絶えてしまい、宇髄は遊郭の背後に鬼が絡んでいると推察します。

無限列車での任務を終えたばかりの炭治郎・善逸・伊之助を連れ、自ら遊郭に潜り込んで操作を行う宇髄。

そこで上弦の陸「堕姫」が蕨姫という花魁に化け、人を食らっている事が明らかになり、遊郭内で鬼殺隊の新たなる戦いが繰り広げられるというのがあらすじです。

「遊郭編」の中心人物は音柱・宇髄天元

今回の中心人物となるのは、鬼殺隊の最高位にあたる「柱」の一員・音柱こと宇髄天元です。

派手好きで傲岸不遜な性格ですが部下の命をないがしろにする事は決してせず、当初は冴えない奴だと思っていた炭治郎への接し方も任務を通じて改善されていきます。

「譜面」と呼ばれる独自の戦法を用いた指揮や、味方との連携を宇髄は得意としています。

「無限列車編」で鮮烈な印象を残した炎柱・煉獄杏寿郎に続き、柱の剣士による活躍が期待できそうですね!

「鬼滅の刃」2期はいつまで放送される?

正式な発表はまだありませんが、ストーリーを「遊郭編」に限定するなら1クールの放送になる可能性が高いです。

原作の71~97話に該当し、計27話にも渡る壮大なストーリーとなります。

アニメにすれば1話につき2~4話分ものストックが必要になるので、1クール放送なら丁度良い計算になりますね。

まとめ

今回は「鬼滅の刃」2期のストーリーや主要人物などを紹介していきました。

非常に人気の高い作品の続編なので、心待ちにしているファンは実際多いです。

まだ具体的な放送時期は決まっていませんが、今年中に放送されるのはほぼ確実なので、更なる続報を待ちながら備えましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です