\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

ジュラシックパークの見る順番!シリーズごとの時系列も紹介!

『ジュラシック・パーク』とはクローン技術で現代に蘇った恐竜を見たり触れ合ったりする事をコンセプトに建てられたテーマパークを舞台に、突如コントロールを離れた恐竜が人間を襲うパニック映画です。

画面狭しと暴れる恐竜の姿もあって話題を集め、大ヒットを記録しました。

公開から30年近く経った現在もシリーズ化される程の人気があり、7月29日から新シリーズの完結編にあたる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』が公開されます。

そこで今回は『ジュラシック・パーク』シリーズの見る順番や時系列などを紹介していきます。

ジュラシックパークシリーズの各あらすじを紹介!

https://twitter.com/chizuoo2/status/1551884526539776000
まずは『ジュラシックパーク』シリーズの各あらすじを紹介しましょう。

過去作はU-NEXTなどで配信中なので、おさらいとして見る事をオススメします。

ジュラシック・パーク

大富豪ハモンドに招かれ、古生物学者グラントとサトラー、数学者マルコムはコスタリカ沖の孤島を視察。
そこはDNAから復元された恐竜が棲息する夢のテーマパークだった。
だがシステムが機能不全に陥り、解き放たれた恐竜たちは人間に牙を剥き始める…。

引用:U-NEXT

ロストワールド/ジュラシック・パーク

インジェン社のハモンドより、恐竜生産の拠点だった「サイトB」の存在を知らされたマルコムは、すでに出発したという恋人の古生物学者サラを追って現地へ。
するとハモンドの甥でパーク再建を目論むルドローの部隊も上陸し、次々と恐竜を生け捕りに…。

引用:U-NEXT

ジュラシック・パークⅢ

古生物学者グラントのもとに、実業家を名乗るポールとその妻アマンダが現れ、恐竜のいる島の上空を回るガイドを依頼。
グラントはやむなく承諾するが、約束に反して一行を乗せた飛行機は島に着陸する。
夫妻の目的は、島で行方不明になった息子の捜索だった…。

引用:U-NEXT

ジュラシック・ワールド

新たにオープンした「ジュラシック・ワールド」では、遺伝子組み換えで生まれたどう猛な恐竜「インドミナス・レックス」お披露目の準備中。
だが脱走して惨事を巻き起こし、恐竜監視員・オーウェンとパークの運営責任者・クレアが事態の収拾に立ち上がる。

引用:U-NEXT

ジュラシック・ワールド/炎の王国

あの大惨事から3年。
テーマパーク、ジュラシック・ワールドは恐竜たちが暮らす野生の島へと姿を変えていた。
しかしある日、島内で火山噴火の予兆が観測される。
恐竜たちを救い出すのか、それとも自然に生死をゆだねるのか。人間たちは選択を迫られるが…。

引用:U-NEXT

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者

〈ジュラシック・ワールド〉のあった島、イスラ・ヌブラルが火山の大噴火で壊滅、救出された恐竜たちは、世界中へと放たれてしまった。
あれから4年、人類はいまだ恐竜との安全な共生の道を見出せずにいる。
恐竜の保護活動を続けるオーウェンとクレアは、人里離れた山小屋で暮らしていた。
そこで二人が守っているのは、14歳になったメイジー、ジュラシック・パーク創設に協力したロックウッドの亡き娘から作られたクローンの少女だ。
ある日、オーウェンは子供を連れたブルーと再会する。ところが、何者かによって、ブルーの子供が誘拐される。オーウェンはブルーに「俺が取り戻してやる」と約束し、クレアと共に救出へ向かう。
一方、サトラー博士は、世界各地から恐竜を集めて研究をしているバイオテクノロジー企業の巨人バイオシンをある目的から追っていた。
そこへグラント博士も駆けつけ、マルコム博士に協力を求める。
人類と恐竜の共存の前に立ちはだかる、バイオシンの恐るべき計画とはー?
オーウェンとクレア、そして3人の博士は大切な命とこの世界の未来を守ることが出来るのか?

引用:公式サイト

ジュラシックパークシリーズを見る際は公開順がオススメ!


『ジュラシック・パーク』シリーズを見る際は公開順にするのがオススメです。

公開順にまとめると以下のようになります。

  1. 『ジュラシック・パーク』
  2. 『ロストワールド/ジュラシック・パーク』
  3. 『ジュラシック・パークⅢ』
  4. 『ジュラシック・ワールド』
  5. 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
  6. 『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』

時系列もこの順番に沿って進んでいくので、公開順にするのが一番好ましい方法と言えます。

『パーク』と『ワールド』はそれぞれ三部作になっていますが、世界観や主要人物は同じなので安心です。

また旧三部作から新三部作にかけて22年経過しており、ストーリーとしてもちょうど22年後の世界を描いているのが大きな特徴です。

そのため現実世界とのリンクが強く感じられ、時系列上に見た方がわかりやすくなります。

ジュラシックパークシリーズの見所を紹介!


続いては『ジュラシック・パーク』シリーズの見所をいくつか紹介していきます。

クローン技術で復活した恐竜達の大暴れ


本作での恐竜はクローン技術で蘇生に成功し、人間のコントロール下に置かれていますが、何らかのアクシデントで制御不能になってしまうパターンがほとんどです。

彼らが暴れ回る様子はシリーズを通して最新のCGやVFXで描かれており、非常に見応えがあります。

作品を重ねるごとに動きもより滑らかになっていくので、注意深く観察しながら見るようにしましょう。

旧三部作と新三部作における時代の変化


基本的な設定はほぼ同じですが、旧三部作と新三部作における時代の変化にも注目するといいかもしれません。

例えば旧三部作では恐竜のコントロールが不完全な点からパーク建設も中断されていましたが、新三部作では研究が成功したのでパークは無事開演され、興行も成功を収めています。

また恐竜の扱いでも変化があり、旧三部作では一方的に人間を襲う敵だったのに対し、新三部作では主人公に手懐けられたヴェロキラプトルが人間の味方となる展開が描かれます。

かつての敵が味方になる胸熱な展開というだけでなく、恐竜を研究する目的が「支配」から「共存」に変わったという関係性の変化が感じられますね。

ハワイ諸島で行われる壮大なロケにも注目!


『ジュラシック・パーク』シリーズでは、美しい自然に囲まれた恐竜時代を再現すべく、撮影を全てハワイ諸島で行っています。

見渡す限りの緑で溢れており、恐竜が実際にいてもおかしくないという説得力を感じさせるほどです。

代表的なロケ地がオアフ島にある「クアロア・ランチ」と呼ばれる場所で、何と東京ドーム450倍もの広さがあります。

ご利益のあるパワースポットとしても人気を集める一方、秘境のまま残されているので近付くのは容易ではありません。

過酷な環境を再現するには、おあつらえ向きな場所と言えるでしょう。

まとめ


『ジュラシック・パーク』シリーズの見る順番や時系列などを紹介してきました。

オススメの見る順番は以下の通りです。

  1. 『ジュラシック・パーク』
  2. 『ロストワールド/ジュラシック・パーク』
  3. 『ジュラシック・パークⅢ』
  4. 『ジュラシック・ワールド』
  5. 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
  6. 『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』

この記事を参考にしながら『ジュラシック・パーク』シリーズをお楽しみ下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。