\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

ジャングルクルーズ(映画)のあらすじや元ネタを紹介!

ディズニーの実写映画『ジャングル・クルーズ』が7月29日から公開されます。

アマゾンのジャングルを舞台に、奇跡の花を巡って壮大な冒険が繰り広げられるという内容の映画です。

今回は『ジャングル・クルーズ』のあらすじや元ネタなどを紹介していきます。

ジャングルクルーズ(映画)の元ネタを紹介!


まずは映画の元ネタになったディズニーの人気アトラクション「ジャングル・クルーズ」を紹介します。

1955年、ウォルト・ディズニーがカリフォルニアで開園させた最初のディズニーランドが発祥で、オープン当初からある人気アトラクションの1つです。

キャストが演じる船長の軽快なトークを聞きながらジャングルを冒険するという内容で、現在は東京ディズニーランドなどで体験する事ができます。

ゲストとの一体感が非常に高く、年齢を問わず楽しめるのも魅力の1つです。

ジャングルクルーズ(映画)のあらすじ


次は映画『ジャングル・クルーズ』のあらすじについて説明します。

再現度の高い世界観から掘り下げていき、冒険心をくすぐるストーリーが特徴です。

アマゾンに伝わる不老不死の伝説──<奇跡の花>を手にした者は、永遠の命を手にすると伝えられていた。
抜群の行動力と探究心を兼ね備えた博士のリリーは、この秘宝を求めて危険に満ちたアマゾンの旅へ出発する。
彼女が相棒に選んだのは、ジャングルに生息する珍しい動物や、スリルあふれる先住民の村、“滝の裏側”などの名所の数々を、
ジョーク(ときにヤラセも…)を交えながら観光客相手にガイドする、クルーズ・ツアーの船長フランク。
彼にもまた<奇跡の花>を探す“ある理由”があった…。
目的地は、「伝説に近づく者は全て呪われる」と言われる、アマゾンの上流奥深くの“クリスタルの涙”。
はたして、そこで彼らを待ち受ける、謎に包まれた《恐るべき真実》とは…?
ミステリアスなジャングルを舞台に、不老不死の力を秘めた<奇跡の花>をめぐる、壮大なスケールの争奪戦が始まる。

引用:ディズニー公式サイト

ジャングルクルーズ(映画)の主要キャスト


続いては『ジャングル・クルーズ』の主要キャスト4人を画像付きで紹介します。

フランク/演:ドウェイン・ジョンソン


格安な観光客用クルーズツアー船の船長。

ジャングルを知り尽くしており、クルーズ中も冷静に対処しつつ軽口を絶やしません。

リリーから「奇跡の花を探して欲しい」という依頼を受け、アマゾンのジャングルまで彼女と同行します。

ドウェイン・ジョンソンのプロフィール

生年月日:1972年5月2日
年齢:49歳
出身地:アメリカ・カリフォルニア州ヘイワード
代表作:スコーピオン・キング、ワイルド・スピードシリーズ、ジュマンジシリーズ

リリー・ホートン/演:エミリー・ブラント

https://twitter.com/kinako031499/status/1406268564810526722
行動力と冒険心に溢れる女性医師。

不老不死になれると言う奇跡の花を探しており、ガイドとしてフランクに同行を申し出ます。

奇跡の花を狙う刺客達にも臆せず立ち向かいますが、泳げないのが玉に瑕です。

エミリー・ブラントのプロフィール

生年月日:1983年2月23日
年齢:38歳
出身地:イングランド・ロンドン
代表作:プラダを着た悪魔、クワイエット・プレイスシリーズ、メリー・ポピンズリターンズ

マクレガー・ホートン/演:ジャック・ホワイトホール


リリーの弟。奇跡の花を手に入れようとする姉の旅に同行します。

詳細は不明ですが、ディズニー映画では珍しいゲイのキャラクターらしいです。

ジャック・ホワイトホールのプロフィール

生年月日:1988年7月7日
年齢:32歳
出身地:イングランド・ロンドン・ウエストエンド
代表作:フレッシュ・ミート、父子二人旅

?/演:エドガー・ラミレス


今作に登場するヴィラン。彼も奇跡の花を狙っており、手下を差し向けてフランク達の旅を妨害します。

スペインのアメリカ大陸征服者であるコンキスタドールの子孫らしいです。

エドガー・ラミレスのプロフィール

生年月日:1977年3月25日
年齢:44歳
出身地:ベネズエラ
代表作:ドミノ、ボーン・アルティメイタム、NY心霊捜査官

まとめ


『ジャングル・クルーズ』のあらすじや元ネタなどを紹介してきました。

船長の軽快なトークや多彩な動物が登場する点はそのままに、大迫力のスクリーンで体験できるようになったのが特徴です。

この夏はジャングルを舞台にしたアクションファンタジーをお楽しみ下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です