\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

インディジョーンズの見る順番は?全4作の時系列についても紹介!

ハリソン・フォード主演の冒険アクション映画『インディ・ジョーンズ』は、現在シリーズ4作目まで公開されています。

派手なアクションやお宝を巡る駆け引きが多く、老若男女問わず楽しめる名作です。

そこで今回は『インディ・ジョーンズ』シリーズの見る順番や時系列などを紹介していきます。

インディ・ジョーンズってどういう作品?


まずは『インディ・ジョーンズ』がどのような作品かを解説しましょう。

ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグのタッグにより生まれた本作は、世界的に有名な考古学者であるインディ・ジョーンズの活躍を描いた冒険活劇です。

主な時期は第二次世界大戦前夜の1940年代であり、世界各地の遺跡に眠る出土品を狙うナチスドイツとインディの争奪戦が繰り広げられます。

同じ作品で敵に捕まったり出し抜かれたりする回数も多いですが、そこから起こる逆転劇も含めてシリーズ全体の醍醐味とされています。

ちなみに映画作品の他にも若い頃のインディの活躍を描いたエピソードもあり、過去にテレビシリーズとして放送されました。

インディ・ジョーンズの各あらすじを紹介!


ここでは『インディ・ジョーンズ』シリーズの各あらすじを紹介します。

現在は全4作がU-NEXTなどで配信中であり、まとめて見る事ができます。

レイダース 失われたアーク《聖櫃》

第2次大戦前夜の1936年。考古学者のインディアナ・ジョーンズは、陸軍諜報部からの情報でナチスがエジプトで大規模な発掘作業を行っていることを知る。ナチスの目的が伝説のアーク(聖櫃)発掘であることを見抜いたインディはアーク奪還へ向かう。

引用:U-NEXT

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

前作より1年前の1935年。
歌姫のウィリースコットと中国人少年・ショーティと行動を共にすることになったインディは、搭乗した飛行機から脱出する羽目に。
インドのある村に到着したインディたちは、村の聖なる石を取り戻すためにパンコット宮殿へ向かう。

引用:U-NEXT

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

考古学者、インディ・ジョーンズは父・ヘンリーがキリストの聖杯を探し旅立ったまま行方不明になっていることを知る。
父と聖杯を見つけるため旅立つインディだが、ヨーロッパで猛威を振るうナチスも同じく聖杯を求め、行動を開始していた…。

引用:U-NEXT

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

1957年。
ソ連軍の女諜報部員・スパルコに拉致され、ネバダ州の米軍基地の襲撃に担ぎ出されたインディ・ジョーンズと相棒だったが、何とか逃げ出すことに成功。
スパルコが狙っているのは、宇宙の神秘の力を解き明かす秘宝、クリスタル・スカルだった。

引用:U-NEXT

インディ・ジョーンズの見る順番


『インディ・ジョーンズ』シリーズを時系列順にまとめると、やや変則的な並びになります。

  1. 『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』
  2. 『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』
  3. 『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』
  4. 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』

『魔宮の伝説』が一番古い年代の物語であり、順番は一作目である『レイダース』と入れ替わります。

設定年代の情勢や国際問題を基に作られているので、歴史に詳しい人にもオススメです。

ただし『インディ・ジョーンズ』は一作品完結型のストーリーなので、時系列順に見なくても大丈夫です。

公開順に見る方法も紹介しておきましょう。

  1. 『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』
  2. 『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』
  3. 『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』
  4. 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』

特にこだわる必要はありませんが、物語に没頭したい人には時系列順の方がいいかもしれません。

インディ・ジョーンズの見所を紹介!


続いては『インディ・ジョーンズ』シリーズの見所をいくつか紹介していきます。

まだ見ていない人はこれらの見所を参考にすれば、より楽しめるかもしれません。

迫りくるトラップから脱出する息を突く間もない展開


『インディ・ジョーンズ』では遺跡に仕掛けられたトラップから逃げるシーンが多く、毎回の恒例となっています。

作動させると転がり迫ってくる大岩や、押し寄せる大量の水から逃げるトロッコシーンなどは、40年近く前の映画とは思えない程にハイクオリティです。

東京ディズニーリゾートのアトラクション『インディ・ジョーンズ・アドベンチャー』でも再現されており、映画でのスピード感を追体験できます。

グロテスクだが印象に残りやすいシーンの多さ


『インディ・ジョーンズ』ではグロテスクなシーンも多く、ファンの間でもシリーズ定番とされています。

特に『魔宮の伝説』だと猿の脳味噌ゼリーや虫地獄など、気持ち悪さや嫌悪感を抱くようなシーンが多く見受けられました。

もちろん全て作り物ですが、あまりに精巧な作りや登場人物の嫌悪感溢れるリアクションから、ファンに強いインパクトを残す事に成功しました。

他の作品でもこういった趣があり、グロテスクさを少なからず感じさせるシーンはあります。

トラウマになりそうなシーンも多いので、心臓の弱い人はこの点に注意した方がいいでしょう。

意外に豪華なゲスト俳優


ゲスト俳優も豪華であり、既に有名だった人物から後年になって有名になった人物まで様々です。

特に『最後の聖戦』では、ゲスト俳優の知名度も非常に大きかったと思います。

インディの父親ヘンリー・ジェームズ教授を初代ジェームズ・ボンドことショーン・コネリー、少年時代のインディを『スタンド・バイ・ミー』で一躍有名になったリバー・フェニックスが演じていました。

また『レイダース』では、遺跡の案内人役でアルフレッド・モリーナが出演しています。

『スパイダーマン2』のドクター・オクトパス役で有名になった今となっては、思わぬ驚きと言えるでしょう。

<インディ・ジョーンズの5作目が2023年に公開予定!


実は2023年、『インディ・ジョーンズ』シリーズの5作目が公開される予定です。

タイトルは未定ですが、『クリスタル・スカルの王国』から15年ぶりの新作という事もあり、既に期待が高まっています。

時代は前作から更に進んでおり、スピルバーグの口から今作がインディ最後の物語になると語られています。

公開まで時間はあるので、更なる続報に期待しましょう。

まとめ


『インディ・ジョーンズ』シリーズの見る順番や時系列などを紹介してきました。

オススメの見る順番は以下の通りです。

  1. 『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』
  2. 『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』
  3. 『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』
  4. 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』

この記事を参考にしながら『インディ・ジョーンズ』シリーズをお楽しみ下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。