\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

フォーオールマンカインドの見る順番は?シーズン3まで時系列も紹介!

もし最初に月に降り立ったのがアメリカではなくソ連だったら―――。

そんなIFの歴史に沿って作られた歴史改変SFドラマが『フォー・オール・マンカインド』です。

宇宙開発競争によって米ソ対立を加速化させられ、国家間での緊張感を生んでいくストーリーが見所とされています。

そこで今回は『フォー・オール・マンカインド』の見る順番や時系列などを紹介していきます。

フォー・オール・マンカインドってどういうドラマ?


まずは『フォー・オール・マンカインド』がどういうドラマなのか説明しましょう。

舞台は1969年。米ソによる宇宙開発競争が激化する中、ソ連の宇宙飛行士が人類初の月面着陸を果たしました。

一方、NASAは今後の宇宙開発競争の攻略、そしてフェミニズム活動で盛り上がるアメリカ国民からの信頼の確保という二大問題に頭を悩ませていました。

この2つの問題を解決すべく、女性宇宙飛行士も加えて宇宙開発を進めていくというのが主なストーリーです。

連鎖的に起こる歴史改変も大きな見所とされています。

フォー・オール・マンカインドの各あらすじを紹介!


ここでは『フォー・オール・マンカインド』の各あらすじを紹介します。

現在はApple TV+にてシーズン3までが配信中です。

フォー・オール・マンカインド シーズン1

1969年、ソ連が人類初の月面着陸を成功させ、NASAは苦境に立たされる。
もう一つの歴史が始まる。

引用:Apple TV+

フォー・オール・マンカインド シーズン2

およそ10年後、テクノロジーと月面探査は大きな進歩を遂げていた。
そんな中、太陽嵐がジェームズタウンの宇宙飛行士たちを襲う。

引用:Apple TV+

フォー・オール・マンカインド シーズン3

https://twitter.com/madsmelon1/status/1535222710355173376

あれから10年近くたち、ダニエルとエドはパーティに参加する。
しかしそこには恐ろしい事態が待ち受けていた。

引用:Apple TV+

フォー・オール・マンカインドを見る際は放送順がオススメ!


『フォー・オール・マンカインド』を見る際は放送順にするのがオススメです。

放送順にまとめると以下のようになります。

  1. 『フォー・オール・マンカインド』シーズン1
  2. 『フォー・オール・マンカインド』シーズン2
  3. 『フォー・オール・マンカインド』シーズン3

時系列はシーズンごとに10年経過しており、順を追って見た方がわかりやすくなります。

月面基地の発展も次第に増していくので、経過を見逃さないためにも放送順にする方が好ましいでしょう。

フォー・オール・マンカインドのメインキャストを紹介!


ここでは『フォー・オール・マンカインド』のメインキャストを紹介していきます。

エドワード・ボールドウィン/演:ヨエル・キナマン


NASAの宇宙飛行士。以前はアポロ10号の船長でしたが、月上空15㎞の位置から着陸しなかった事で記者に失言し、謹慎処分を受けています。

元空軍パイロットでもあり、軍の視点による発言から他者と対立する場面も多いです。

生年月日:1979年11月25日
年齢:42歳
出身地:スウェーデン・ストックホルム
代表作:ロボコップ、スーサイド・スクワッドシリーズ、オルタード・カーボン

カレン・ボールドウィン/演:シャンテル・ヴァンサンテン


エドの妻。NASAのメンバーをパーティーでまとめるなど手腕にも長けています。

夫を事故で亡くす悪夢を見た経験から神経質気味ですが、多忙な友人の子供を預かるなど基本的には親切な性格です。

生年月日:1985年7月25日
年齢:36歳
出身地:アメリカ・ミネソタ州ルバーン
代表作:THE FLASH/フラッシュ、ザ・シューター、ザ・ボーイズ

ゴードー・スティーブンス/演:マイケル・ドーマン


エドと同じくアポロ10号のパイロットに選ばれた宇宙飛行士。女好きで失言も多い事から孤立しがちです。

トレイシーとの間に2人の息子を設けており、父親らしく奮闘しようとします。

生年月日:1981年4月26日
年齢:41歳
出身地:スウェーデン・ストックホルム
代表作:デスドール、トライアングル、透明人間

トレイシー・スティーブンス/演:サラ・ジョーンズ


ゴードーの妻。NASAによる宣伝行為への不満もあり、常に自分を磨く良妻賢母です。

宇宙飛行士の妻という立場からカップル飛行に期待もあり、後に自身も宇宙飛行士に選ばれます。

生年月日:1983年7月17日
年齢:38歳
出身地:アメリカ・フロリダ州ウィンター・スプリングス
代表作:ALCATRAZ/アルカトラズ、フォー・オール・マンカインド、ケミカル・ハーツ

モリー・コッブ/演:ソーニャ・ヴァルゲル


「マーキュリー13」と呼ばれるNASA所属の女性宇宙飛行士訓練生の1人です。

フェミニズム運動には人一倍積極的で、女性らしさや女性権利向上のロールモデル化に激しく抵抗しています。

ちなみにマーキュリー13は1960年代に実在したメンバーで、史実では女性を宇宙飛行士に加えなかったNASAを批判しました。

生年月日:1974年6月6日
年齢:48歳
出身地:イングランド・ロンドン
代表作:LOST、フラッシュフォワード、フォー・オール・マンカインド

フォー・オール・マンカインドの見所を紹介!

https://twitter.com/HMatata71/status/1383626552290676740
続いては『フォー・オール・マンカインド』の見所をいくつか紹介していきます。

史実を知らなくても楽しめるストーリー


『フォー・オール・マンカインド』の舞台は米ソ冷戦時代の60年代ですが、ソ連の月面着陸以降はフィクションが入り混じった展開になります。

そのため史実を知らなくても楽しめるようになっており、歴史に詳しい人なら史実との違いや先の読めない展開で驚かされます。

逆に言えば、全く知らない方が事前情報がない分驚きやスリルが増し、物語に引き込まれるかもしれません。

ドラマを見終わった後は、どこまでが史実通りなのか調べてみた方がいいと思います。

実際に宇宙開発に関わった人物も多数登場


とはいえ全てがフィクションという訳ではなく、実在の宇宙飛行士が多く登場するのも特徴です。

例えば作中で初めて月面着陸を成功させたアレクセイ・レオーノフは、1965年に世界初の宇宙遊泳を行ったソ連の宇宙飛行士です。

史実では1969年にロケット発射が失敗して月に行けなかったので、本編で月面着陸のニュースが報じられた際は視聴者にも大きな衝撃を与えました。

他にもニール・アームストロングなど、アポロ11号の乗員3名が登場しており、こちらは月面着陸に遅れた後も前線に立ち続けます。

それぞれ史実とは異なる人生を送る事になるので、大胆な改変からも目が離せません。

まとめ


『フォー・オール・マンカインド』の見る順番や時系列などを紹介してきました。

オススメの見る順番は以下の通りです。

  1. 『フォー・オール・マンカインド』シーズン1
  2. 『フォー・オール・マンカインド』シーズン2
  3. 『フォー・オール・マンカインド』シーズン3

この記事を参考にしながら『フォー・オール・マンカインド』をお楽しみ下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。