\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

大怪獣のあとしまつの相関図は?メインキャストについても紹介!

2022年2月4日から、映画『大怪獣のあとしまつ』が公開されました。

正体不明の大怪獣が突然死亡、その死体処理を巡って特務隊隊員が奔走するという斬新なストーリーです。

特撮だと倒された怪獣の死体処理についてはまず触れられないので、そういう描写に触れられる点も斬新と言えます。

コロナ禍によって公開が延期された事もあり、待ち望んでいたという人も多いでしょう。

今回は『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ、相関図やキャストについて紹介していきます。

大怪獣のあとしまつのあらすじを紹介!


まずは『大怪獣のあとしまつ』のあらすじを紹介しましょう。

人類を未曽有の恐怖に陥れた大怪獣が、ある日突然、死んだ。
国民は歓喜に沸き、政府は怪獣の死体に「希望」と名付けるなど国全体が安堵に浸る一方で、
河川の上に横たわる巨大な死体は腐敗による体温上昇で徐々に膨張が進み、ガス爆発の危機が迫っていることが判明。

大怪獣の死体が爆発し、漏れ出したガスによって周囲が汚染される事態になれば国民は混乱し、国家崩壊にもつながりかねない。
終焉へのカウントダウンは始まった。
しかし、首相や大臣らは「大怪獣の死体処理」という前代未聞の難問を前に、不毛な議論を重ね右往左往を繰り返すばかり…。

絶望的な時間との闘いの中、国民の運命を懸けて死体処理という極秘ミッションを任されたのは、数年前に突然姿を消した過去を持つ首相直轄組織・特務隊の隊員である帯刀アラタだった。
そして、この死体処理ミッションには環境大臣の秘書官として、アラタの元恋人である雨音ユキノも関わっていた。

果たして、アラタは爆発を阻止し、大怪獣の死体をあとしまつできるのか!?
そして彼に託された本当の<使命>とは一体-!?

引用:公式サイト

大怪獣のあとしまつの相関図を紹介!


『大怪獣のあとしまつ』の相関図はこのようになっています。

なぜか怪獣の死体も相関図に含まれていたりと、シュールな光景になっているのが特徴です。

本編ではこの死体を巡り、緊迫した状況であるはずがどこか気の抜けたやり取りが繰り広げられます。

大怪獣のあとしまつのメインキャストを紹介!

https://twitter.com/daikaijyu_movie/status/1486911914991140867
続いては『大怪獣のあとしまつ』のメインキャストを紹介しましょう。

出演者は若手からベテランまで実力派で占められており、過去に特撮への出演経験がある俳優も多いです。

そのため特撮に詳しい方がよりハマれる場面もあるかもしれません。

帯刀アラタ/演:山田涼介


政府直轄の特殊部隊「特務隊」に所属する特務隊員。階級は一等特尉。

ある日怪獣の死体処理を命じられますが、その死体は放っておくと体内のガスが膨張して都市を巻き込む大爆発を起こすといういわくつきでした。

以降は国家崩壊の危機が近付く中、爆発前に死体を処理しようと四苦八苦します。

1年前に怪獣が死んだ際に一時行方不明になっており、どうやって助かったのかは謎に包まれています。

生年月日:1993年5月9日
年齢:28歳
出身地:東京都
代表作:暗殺教室シリーズ、もみ消して冬、燃えよ剣

雨音ユキノ/演:土屋太鳳


元特務隊の環境環境大臣秘書官。

現在は上司の蓮佛に振り回されながらも、怪獣の死体処理を環境に配慮した上で行おうとします。

アラタの元恋人であり、現在でも何かとその身を案じているようです。

生年月日:1995年2月3日
年齢:27歳
出身地:東京都
代表作:ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国、まれ、哀愁しんでれら

雨音雅彦/演:濱田岳


元特務隊の総理秘書官。アラタの元上司にあたります。

未曾有の危機に立たされている中でも不謹慎な総理や閣僚達を補佐する一方、怪獣の死体を利用して何か良からぬ事を企んでいるようです。

ユキノの夫ですが夫婦仲は上手く行っておらず、元カレと組んで怪獣を始末しようとする態度も快く思っていません。

生年月日:1988年6月28日
年齢:33歳
出身地:東京都
代表作:アヒルと鴨のコインロッカー、釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~、喜劇 愛妻物語

敷島征一郎/演:眞島秀和


特務隊の隊長。

死体処理の実行班として特務隊の指揮を執る事になり、意見がまとまらない閣僚に振り回されながらも死体を安全に処理しようとします。

生年月日:1976年11月13日
年齢:45歳
出身地:山形県米沢市
代表作:スウィングガールズ、おっさんずラブ、おじさんはカワイイものがお好き。

武庫川電気/演:染谷将太


怪獣の姿をカメラで捉えて配信し、1億再生を狙う迷惑系動画クリエイター。

「ギリギリアウトな男」を自称し、死体処理の邪魔ばかりしてくるので特務隊からもうっとうしがられています。

動画撮影を続けるうちに怪獣に生えていた菌に感染してしまい、体中がキノコだらけになってしまいます。

生年月日:1992年9月3日
年齢:29歳
出身地:東京都江戸川区
代表作:ヒミズ、みんな!エスパーだよ!、聖☆おにいさん 第III紀

八見雲登/演:松重豊


怪獣の死体処理方法を発明し、特務隊に売り込みに来た町工場の社長。

その内容は焼肉屋などで使われる空調を利用したものですが、死体処理に手をこまねいていた特務隊にとっては大きな救いとなります。

生年月日:1963年1月19日
年齢:59歳
出身地:福岡県福岡市
代表作:孤独のグルメ、バイプレイヤーズ、いだてん~東京オリムピック噺~

ブルース(青島涼)/演:オダギリジョー

https://twitter.com/asadora_bk_nhk/status/1488652136825167874
ドレッドヘアが特徴的なユキノの兄にして、爆破のプロと称される元特務隊員。

過去の作戦失敗がトラウマとなって特務隊を除隊、現在はその技術や火薬に関する知識を活かし、工事現場での発破作業に勤しんでいます。

後に行きつけの食堂で働く女性の言葉がきっかけで仕事仲間と共に死体処理に参加、使われなくなったダムに死体を沈めようとするユキノの作戦に協力します。

生年月日:1976年2月16日
年齢:46歳
出身地:岡山県津山市
代表作:仮面ライダークウガ、時効警察、イアリー 見えない顔

大怪獣のあとしまつの見所を紹介!


ここでは『大怪獣のあとしまつ』の大きな見所を紹介します。

これから映画を鑑賞する際は、こうした見所に注目しているとより楽しめるかもしれません。

非常に困難な怪獣の死体処理を描く


倒された怪獣の死体はどうやって処理しているのか、誰もが一度は疑問に抱いたかと思います。

『大怪獣のあとしまつ』ではそんな素朴な疑問に対し、政府直轄の組織が右往左往しながら処理するという真剣かつユーモラスな解答を用意しました。

具体的な対策が出ないまま責任をなすり付け合う政府の様子には、思わず笑いがこぼれてしまうでしょう。

まとめ

https://twitter.com/ri_ka_no_/status/1488000068724867074
『大怪獣のあとしまつ』の相関図やキャストなどを紹介してきました。

怪獣の死体処理をコメディチックに描くストーリーなど、斬新な要素が目を引く作品です。

特撮ではお約束とも言える巨大ヒーローが絡んでこない一方、クライマックスで急に現れて事態を解決していく衝撃の展開からも目が離せません。

従来の特撮映画とは一風変わった本作を是非劇場でご覧下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。