\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

シカゴPD(ドラマ)の見る順番!シーズン7までの時系列も紹介!

2016年から日本でも放送されている海外ドラマ『シカゴ』シリーズ。

その1つ『シカゴP.D.』は、シカゴ市警察21分署に所属する特捜班が凶悪犯罪に挑む刑事ドラマです。

悪徳刑事ボイトを筆頭に活動する特捜班が、シカゴを守るためなら過激な捜査もいとわないスリリングなストーリーから話題になりました。

他の『シカゴ』シリーズとは世界観を共有しており、クロスオーバーを描いたエピソードも多いです。

そこで今回は『シカゴP.D.』の見る順番や時系列などを紹介していきます。

シカゴP.D.(ドラマ)の各あらすじを紹介!

https://twitter.com/HIDE2020216/status/1326474467556487171
まずは『シカゴP.D.』の各あらすじを紹介しましょう。

現在はU-NEXTで配信されており、シーズン7まで見る事ができます。

シカゴP.D. シーズン1

シカゴ警察21分署特捜班のトップ・ボイト刑事は、違法ギリギリの独自のやり方で事件の捜査を進めていた。
ペリー署長は監視の目を光らせ、凶悪犯罪課のベルデン警部補から敵視されるなか、特捜班の面々は命懸けの危険なおとり捜査に身を投じていく。

引用:U-NEXT

シカゴP.D. シーズン2

特捜班のメンバーだったジンが遺体で発見され、ボイトは内務調査部から疑いをかけられる。
そんななか、ジェイのもとに生前ジンが送ったとみられるUSBが届く。
中にはジンを殺害した犯人を示唆する情報が保存されていた。ジェイはUSBをボイトに託すが…。

引用:U-NEXT

シカゴP.D. シーズン3

情報屋・ビアンカの話から彼女の恋人・ベンジーの居場所を突き止めた特捜班は、彼を拉致する。
警察の本命は彼の兄で大物の売人・デレクだった。一方、ナディアの死から立ち直れずにいたリンジーは、ハルステッドがデレクに拉致されたことを知り…。

引用:U-NEXT

シカゴP.D. シーズン4

クロウリー署長はリンジーをサイロへ呼び出し、ボイトがジャスティン殺害犯のビンガムを、この場所で殺したのではないかと問いただす。
リンジーはボイトを庇うが、重い秘密を抱えたことで苦しんでいた。その頃、駐車場の車から焼死体が見つかるが…。

引用:U-NEXT

シカゴP.D. シーズン5

https://twitter.com/Yoshi97315099/status/1406233906802683908

ボイトがリンジーをFBIに引き抜かせたことで、大切な仲間を失った特捜班。だが悲しむ暇もなく、事件の連絡が入る。
銃の売人と地元ギャングの取引現場に踏み込んだジェイとアプトンだが、発砲を受けて銃撃戦となり、3人の市民が巻き添えになってしまう。

引用:U-NEXT

シカゴP.D. シーズン6

https://twitter.com/AXNJapan/status/1258592496176828417

デレオン殺しの調査が終わるまで、停職処分を言い渡されたボイト。
アントニオが捜査の指揮を執るが、納得がいかないルゼックは、アントニオに隠れてボイトに協力を要請する。
そんななか、ボイトはブレナンから、ケルトンを市長にする手助けを頼まれる。

引用:U-NEXT

シカゴP.D. シーズン7

https://twitter.com/Aki1229A/status/1396008931579760645

次期シカゴ市長・ケルトンが何者かに射殺される事件が発生。
だが、ケルトンに恨みがあり犯行時刻に現場近くにいたボイトに容疑がかけられてしまう。
そんななか、リゾが死亡した一件でアントニオをかばい、刑務所に収監されていたルゼックが保釈される。

引用:U-NEXT

シカゴP.D.(ドラマ)を見る際は放送順がオススメ!


『シカゴP.D.』を見る際は放送順にするのがオススメです。

放送順にまとめると以下のようになります。

  1. 『シカゴP.D.』 シーズン1
  2. 『シカゴP.D.』 シーズン2
  3. 『シカゴP.D.』 シーズン3
  4. 『シカゴP.D.』 シーズン4
  5. 『シカゴP.D.』 シーズン5
  6. 『シカゴP.D.』 シーズン6
  7. 『シカゴP.D.』 シーズン7

時系列はシーズン1から地続きになっており、一度フェードアウトした人物が後のシーズンで再登場する事もザラです。

そのため最初から通して見るのが好ましいでしょう。

シカゴP.D.(ドラマ)の見所を紹介!


次は『シカゴP.D.』の見所をいくつか紹介します。

シカゴでは悪人や犯罪が絶えず、市民を守るべくボイト達捜査班は日々危険と隣り合わせで任務にあたっています。

手段を選ぶ暇もないまでに彼らを取り巻く状況は切羽詰まっており、そこがストーリーに緊張感を持たせてもいます。

これからドラマを見る際の参考にもしてみて下さい。

悪を倒すためなら手段を選ばないボイト


本作を最も象徴している人物は、主人公の悪徳刑事ハンク・ボイトです。

彼は犯人を逮捕するためなら手段を選ばず、違法スレスレの行為に手を染めてでも悪に立ち向かいます。

とはいえ普段は人情味溢れる好漢であり、部下からも強い信頼を寄せられている人物です。

捜査では緊張感を持たせるシーンが連続して起こるので、釘付けにされつつもボイトの真意はどこにあるのか気になって見てしまう視聴者が続出しています。

登場人物ごとに細かく設定された背景や人間関係


『シカゴ』シリーズの大きな特徴として、キャラクターごとに背景やエピソードが充実している事が挙げられます。

ボイトに限らず、彼の部下や周囲の人物についても色濃く描かれており、感情移入しやすくなるのが魅力的です。

例えば特捜班の女性刑事エレン・リンジーは高い手腕で一目置かれる人物ですが、過去に犯罪まがいの行為に手を染めていた事からボイトに引き取られ、養子として育てられた事が作中で語られています。

リンジーを娘のように思いつつも、捜査方針の違いから冷たく突き放さざるを得ない状況にボイトは苦悩し、その姿が視聴者の心をも締め付けます。

このように人物描写が細かく、ゲストキャラも含め個性豊かな人物ばかりなので、人間関係も本作ならではの見所です。

シカゴファイアとの密接なクロスオーバー

https://twitter.com/HIDE2020216/status/1326474467556487171
海外ドラマではしばしば見られるクロスオーバーですが、『シカゴ』シリーズではその傾向が特に顕著です。

そもそもボイトが犯罪者を憎むようになったのは、『シカゴ・ファイア』で描かれるある事件がきっかけです。

『シカゴP.D.』では姉妹作『シカゴ・ファイア』との絡みが中心で、中には両方のドラマに登場する人物もいます。

シリーズをまたいだ事件も多く、警察と消防隊の協力で人命救助に奔走するという刑事ドラマならではのシチュエーションも描かれます。

まとめ

https://twitter.com/HIDE2020216/status/1511471059781906434
『シカゴP.D.』の見る順番や時系列などを紹介してきました。

オススメの見る順番は以下の通りです。

  1. 『シカゴP.D.』 シーズン1
  2. 『シカゴP.D.』 シーズン2
  3. 『シカゴP.D.』 シーズン3
  4. 『シカゴP.D.』 シーズン4
  5. 『シカゴP.D.』 シーズン5
  6. 『シカゴP.D.』 シーズン6
  7. 『シカゴP.D.』 シーズン7

主要人物は何人か共通しているので、クロスオーバーが非常に多いのも本作ならではの魅力です。

この記事を参考にしながら、『シカゴP.D.』をお楽しみ下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です