\今だけの特典かも?/
ドラマ映画

ベターコールソウルの見る順番!全6シーズンの時系列も紹介!

三流弁護士ジミー・マッギルが悪戦苦闘する姿を描いたドラマ『ベター・コール・ソウル』

『ブレイキング・バッド』のスピンオフにあたる本作は、悪徳弁護士のソウル・グッドマンが本名で活動していた時期が舞台です。

ジミーが悪徳弁護士として堕ちていく様子が主な展開になりますが、持ち前の悪知恵やトーク力を活かしてのし上がっていく姿がユニークなので、悲壮感はあまりありません。

ゴールデングローブ賞など多くの賞を受賞している『ブレイキング・バッド』の関連作という事もあり、注目する人間は後を絶たないようです。

そこで今回は『ベター・コール・ソウル』の見る順番や時系列などを紹介していきます。

ベターコールソウルの各あらすじを紹介!

https://twitter.com/zawasumi57/status/1515941458662273025
まずは『ベター・コール・ソウル』の各あらすじを紹介しましょう。

現在はAmazon prime videoやNetflixなど、各配信サービスで全6シーズンを視聴する事ができます。

ベターコールソウル シーズン1

アメリカ、ニューメキシコ州アルバカーキ。
口は達者だがうだつの上がらない三流弁護士のジミー・マッギルは、病のために家から出られなくなった元敏腕弁護士の兄チャックの世話をしながら、今にも崩れそうな日常を必死に支えていた。
安い報酬の仕事に奔走しつつも、劇的な成功の糸口を求めてもがくジミー。
そんな中、とある会計士の横領事件をきっかけに、ギャングのナチョや元警察官のマイクといった“ワケあり”な男たちと関わることになっていき…?
自由の女神が見守るこの国で、一人の弁護士の運命が大きく動き始める――!

引用:Amazon prime video

ベターコールソウル シーズン2

“サンタフェの大手弁護士事務所から夢のようなオファーを受け、遂にビッグチャンスを掴んだジミー。
キムとの関係にも嬉しい変化が訪れ、すべてが順調かのように見えた。
しかし、‟規格外”の方法で仕事をこなすジミーは、やがて窮屈なルールと歪んだ兄弟関係に行く手を阻まれていく。そして、人生の岐路に立ち、ある決断を下すのだが…?
一方、家族のために裏稼業を続けていたマイクは、ある人物から受けた依頼がきっかけで、闇組織から付け狙われるようになってしまう――。”

引用:Amazon prime video

ベターコールソウル シーズン3

チャックが次の計画を企てる中、昔ついた嘘のせいでまたも苦境に立たされてしまうジミー。
そんな中でマイクは、誰がどうやって自分を監視していたのか探ろうとするが…。

引用:Amazon prime video

ベターコールソウル シーズン4

弁護士資格を停止されたジミーだったが、セールスの仕事に就くものの後ろ暗い仕事をせずにはいられない。
恋人キムと事務所再開を夢見るが、キムは大手事務所S&Cで順調にメサ・ヴェルデの仕事や公選弁護人としての仕事を両立し始める。
弁護士業再開申し立てで、ジミーは兄チャックを賛美する渾身の演技で審査員の心を揺さぶり弁護士資格を取り戻す。
晴れて弁護士業を再開する準備が整い、今後はソウル・グッドマンの名を使っていくと決めるのだが…。

引用:Amazon prime video

ベターコールソウル シーズン5

ソウル・グッドマンに改名したジミーが、新規顧客開拓に張り切る中、仕事で倫理的ジレンマに直面し葛藤するキム。
ラロとガスの対立が激化する。

引用:Netflix

ベターコールソウル シーズン6

修羅場、汚いやり口、殺到する新顧客。
弁護士ジミーの知られざる過去を描き、絶賛されたシリーズの最終シーズン。その変転の運命がついにフィナーレを迎える。

引用:Netflix

ベターコールソウルを見る際は放送順がオススメ!


『ベター・コール・ソウル』を見る際は放送順にするのがオススメです。

放送順にまとめると以下のようになります。

  1. 『ベター・コール・ソウル』シーズン1
  2. 『ベター・コール・ソウル』シーズン2
  3. 『ベター・コール・ソウル』シーズン3
  4. 『ベター・コール・ソウル』シーズン4
  5. 『ベター・コール・ソウル』シーズン5
  6. 『ベター・コール・ソウル』シーズン6

時系列は一続きになっているので、シーズン1から通して見た方がわかりやすくなります。

スピンオフとは言え、『ブレイキング・バッド』との複雑な繋がりはないので、個別に見られるというのも嬉しい点ですね。

ベターコールソウルの見所を紹介!


続いては『ベター・コール・ソウル』の見所をいくつか紹介します。

ヴィンス・ギリガンが手掛ける新しい世界観とストーリー


『ベター・コール・ソウル』の脚本を手掛けるのは、本家シリーズの『ブレイキング・バッド』と同じヴィンス・ギリガンです。

特別強い繋がりはないものの、『ブレイキング・バッド』では触れられなかった関係性や背景が明らかにされていくので、ファンとしては答え合わせも兼ねて続編を楽しむ事ができます。

元警官で用心棒のマイク・エルマントラウや、悪役グスタボ・”ガス”・フリングといった本家シリーズと同じ人物も登場します。

また前日譚という位置付けにある一方、ジミーの後日譚も描かれるので、事実上の続編としても見る事ができるでしょう。

このようにギリガンの手で新しい世界観とストーリーが繰り広げられており、新規ファンでも抵抗なく楽しめる作品です。

皮肉屋とと呼ばれつつも好きになってしまうジミーの人柄


『ベター・コール・ソウル』で一番目にする機会が多い人物は、主人公のジミー・マッギルです。

本作では冴えない弁護士ですが、そこから徐々に怪しく、かつ魅力的な変化を遂げていきます。もちろん元々の性格にも目を見張るものがあります。

ジミーは仕事の事を考えながら人々の記憶に残るような悪口を連発するという、交渉力と想像力に優れた人物です。

皮肉屋としての印象が目立つ一方、自分の命を危険に冒してでも双子の当たり屋を助けたりと、人情家としての一面も持ち合わせています。

ギリガンはジミーの事を「黄金の心を持った悪党」「極悪非道というよりは弱い部分を持った奴」と評しており、どこか共感を覚えたくなります。

世間的にはダメ人間扱いされていても、どこか好きになってしまう部分があるのがジミーの魅力だと思います。

ボブ・オデンカークによる名演


ジミー(ソウル・グッドマン)役のボブ・オデンカークによる名演も少なからず貢献しています。

ジミーを演じる上では弁護士らしい口八丁ぶりや小心者の一面を見せつけるべく、非常に多くのセリフを早口かつスムーズに披露するという高度な技術が要求されます。

それらを喜怒哀楽のリアクションを交えながら激しく、そして自然に演じているので脱帽せざるを得ません。

まとめ


『ベター・コール・ソウル』の見る順番や時系列などを紹介してきました。

オススメの見る順番は以下の通りです。

  1. 『ベター・コール・ソウル』シーズン1
  2. 『ベター・コール・ソウル』シーズン2
  3. 『ベター・コール・ソウル』シーズン3
  4. 『ベター・コール・ソウル』シーズン4
  5. 『ベター・コール・ソウル』シーズン5
  6. 『ベター・コール・ソウル』シーズン6

この記事を参考に『ベター・コール・ソウル』をお楽しみ下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です