\今だけの特典かも?/
アニメ

白い砂のアクアトープが放送開始!あらすじや見所を紹介!

P.A.WORKSの最新作となるアニメ『白い砂のアクアトープ』が放送中です。

沖縄を舞台に、閉館の危機に立たされた「がまがま水族館」を救うべく奮闘する女子高生達の姿を描く日常系アニメです。

今回は『白い砂のアクアトープ』のあらすじや見所を紹介しますので、視聴の参考にしてみて下さい。

白い砂のアクアトープのあらすじを紹介!


まずは『白い砂のアクアトープ』のあらすじを紹介します。

第1話の展開についても少し触れているので、作品に興味を持つきっかけになるかもしれません。

水族館で働く18歳の女子高生・海咲野くくるは、東京で居場所をなくし、逃避行した元アイドル・宮沢風花と出逢う。
くくると風花はそれぞれの想いを胸に、水族館での日々を過ごすようになる。

しかし、その大切な場所に、閉館の危機が迫りくる。

少女たちの夢と現実、孤独と仲間、絆と葛藤ー。
きらめく新たなページが、この夏、開かれる。

引用:公式サイト

1話だと沖縄に帰ったばかりの風花が東京やアイドルへの未練を引きずっている描写が見受けられたので、それらをどう克服していくかもストーリーの大きな肝になりそうですね。

白い砂のアクアトープの見所を紹介!


続いては『白い砂のアクアトープ』の見所を紹介します。

オリジナルアニメならではの先の読めない展開

https://twitter.com/aquatope_anime/status/1413157426166042629
『白い砂のアクアトープ』は原作漫画や小説がないオリジナルアニメです。

そのため先の展開がどうなるか予測できず、思わず見入ってしまう人が多くなります。

水族館がどうなるかは続きを見るしかないので、常に新鮮な気分で見られるかもしれませんね。

幻想的で美しい水の描写


P.A.WORKSのこだわりはキャラクターの心理描写などストーリー面のみならず、作画からも強く実感させられます。

『白い砂のアクアトープ』だと海や水族館が主な舞台なので、水中の絵もリアリティや透明感に非常にこだわっており、幻想的で美しいです。

その中で戯れる魚達の種類も豊富で、イシガキカエルウオなどあまり聞かない名前もあります。魚に詳しくなれるチャンスかもしれませんね。

制作会社のP.A.WORKSについて


制作会社のP.A.WORKSについても簡潔に説明します。

独特な雰囲気の港町を舞台にした『凪のあすから』、アニメ制作の実態に迫る『SHIROBAKO』など、生活感やリアリティの強い作品を手掛ける傾向が強いです。

『白い浜のアクアトープ』はどちらかというと生活感重視で、キャラクターごとの立場や心理描写も深く関わっていくようです。

白い砂のアクアトープのあらすじや見所まとめ

https://twitter.com/aquatope_anime/status/1413157929423880192
『白い砂のアクアトープ』のあらすじや見所などを紹介してきました。

ネットでも評価する声が多く、P.A.WORKSお得意の爽やかで幻想的な空気感も気に入られているようです。

今後の放送を見逃さないようにしましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です