\今だけの特典かも?/
アニメ

86(アニメ)の見る順番と時系列を紹介!第2クールまでのあらすじも!

『86(エイティシックス)』は、安里アサト先生原作のSFライトノベルです。

2021年にはアニメ化されており、4月放送の第1クールに続いて10月から第2クールが放送中です。

今回は『86』の見る順番や時系列などを紹介していきます。

86(アニメ)の各あらすじを紹介!


まずは『86』の各あらすじを紹介しましょう。

86-エイティシックス- 第1クール

ギアーデ帝国が開発した完全自律無人戦闘機械<レギオン>の侵攻に対応すべく、その隣国であるサンマグノリア共和国が開発した無人戦闘機械<ジャガーノート>。
だが、無人機とは名ばかりであり、そこには”人”として見られていない者たちーエイティシックスーが搭乗し、道具のように扱われていたのである。

エイティシックスで編成された部隊<スピアヘッド>の隊長である少年・シンは、ただ死を待つような絶望的な戦場の中で、ある目的のために戦いを続けていた。
そこに新たな指揮管制官<ハンドラー>として、共和国軍人のエリート・レーナが着任する。
彼女はエイティシックスたちの犠牲の元に成り立つ共和国の体制を嫌悪しており、”人型の豚”として蔑まれていた彼らに人間として接しようとしていた。

死と隣り合わせに最前線に立ち続けるエイティシックスの少年と、将来を嘱望されるエリートの才女。
決して交わることがなかったはずのふたりが、激しい戦いの中で未来を見るー。

引用:公式サイト

86-エイティシックス- 第2クール

東都戦線第一線区第一防衛戦隊、通称スピアヘッド戦隊。
サンマグノリア共和国から”排除”された<エイティシックス>の少年少女たちで構成された彼らは、
ギアーデ帝国が投入した無人兵器<レギオン>との過酷な戦いに身を投じていた。
そして次々と数を減らしていくスピアヘッド戦隊に課せられた、成功率0%、任務帰還無制限の「特別偵察任務」。
それは母国からの実質上の死刑宣告であったが、リーダーのシンエイ・ノウゼン、ライデン・シュガ、セオト・リッカ、アンジュ・エマ、クレナ・ククミラの5人は、
それでも前に進み続けること、戦い続けることを選択する。
希望や未来を追い求めようとしたわけではない。
“戦場(ここ)”が、彼らにとって唯一の居場所となっていたのだから。
そしてその願いは皮肉にも、知らぬ間に足を踏み入れた新天地で叶うことになるのだった。

引用:公式サイト

86(アニメ)の見る順番を紹介!


『86』を視聴する際は、放送順にするのがオススメです。

放送順にまとめると以下の通りになります。

  1. 『86-エイティシックス-(第1クール)』
  2. 『86-エイティシックス-(第2クール)』

時系列も第1クールから地続きになっているので、通して見た方がストーリーも追いつきやすくなるでしょう。

まとめ


『86』の見る順番や時系列などを紹介してきました。

オススメの見る順番は以下の通りです。

  1. 『86-エイティシックス-(第1クール)』
  2. 『86-エイティシックス-(第2クール)』

『86』は公式配信もされているので、ご覧になる際は下のリンク先をクリックして下さい!

https://abema.tv/video/title/25-163

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です